記事内のイラスト、文章無断利用の禁止(youtube無断転載、youtube構成流用、SNS画像利用等)

昭和の懐かしいアイス:雪印しらゆき ホワイト

雪印しらゆき イラスト画像 昭和アイス

昭和の懐かしいかき氷アイス
練乳が濃くておいしかった~
練乳専科のアイス 雪印 しらゆきホワイトのご紹介です。

スポンサーリンク

練乳が濃くておいしかった
練乳専科アイス 雪印しらゆき

昭和アイス 雪印 しらゆき ホワイト

昭和の雪印しらゆきホワイト
イラスト画像

 

昭和ガール
昭和ガール

昭和に人気だった氷アイス 雪印しらゆき
今あらためてデザインを見ると、なぜ潮騒なのでしょうね(苦笑)

 

そうよね。
なかなか渋いパッケージね(笑)

 

雪印しらゆきは、1980年代に販売されていた氷アイスでした。

カップ型の氷アイスは、昭和はとても人気でいろいろな製品が販売されており、今でもある氷アイスでは、ガリガリ君で有名な赤城乳業も、赤城しぐれがあります。

 

昭和アイス 赤城しぐれ イラスト画像

昭和の赤城しぐれ
イラスト画像

 

 

 

昭和ガール
昭和ガール

特に夏場は、氷アイスが食べたくなりますよね。

このタイプの氷アイスは、今でも日本の夏の風物詩ね。

 

雪印しらゆき の味


雪印しらゆきホワイト
は、練乳がとっても濃い、練乳ONLYの氷アイスでした。
練乳だけ!という氷アイスは、数ある氷アイスの中でも雪印しらゆきホワイトだけだったので、当時アイスコーナーで目立っていました。

 

練乳OLYとは潔いわね!

 

当時はカップ型の氷アイスと言えば価格の相場は50円であった中、雪印しらゆきホワイト100円という2倍の価格でしたから、アイスケースの中では別格だったわけです。

 

昭和ガール
昭和ガール

アイスケースの中で、雪印しらゆきが横目に入るものの子供のお小遣いでは100円は高かったので、大半はチラ見していたアイスでした(笑)

 

随分前に販売終了している製品ですが、雪印しらゆきのパッケージを見ると懐かしい思いとなります。

昭和の懐かしい氷アイス
雪印しらゆきのご紹介でした。

 

他にも昭和の懐かしいアイスやお菓子をイラストでご紹介しています。
雪印 昭和の懐かしい製品

 


 

【昭和 手芸本】ONDORI 手づくりの絵本 ぬいぐるみ動物 | 昭和レトロな雑貨と本屋 powered by BASE
ご覧いただき、ありがとうございます。★昭和 手芸本★ONDORI手づくり絵本シリーズの『ぬいぐるみ動物』希少な1冊です。可愛い動物のぬいぐるみが可愛いイラストと共にフルカラーで紹介されており、見ているだけでも楽しい本です。□古本です昭和53年64ページ□状態昭和の本のため、多少のヨゴレコスレ等はございますが、経年の割に...

 

タイトルとURLをコピーしました