昭和誕生そのデザインが秀逸!雪印 6Pチーズ

雪印6Pチーズ イラスト画像 昭和加工食品・インスタント

雪印6Pチーズは、昭和29年から販売されているロングセラー。
丸いパッケージに雪印の青、幾何学的なデザインが昔も今も好きです。

スポンサーリンク

丸いチーズは雪印から!
雪印6Pチーズ

雪印6Pチーズ 

雪印6Pチーズ製品画像
ipadで描きました

 

雪印6Pチーズのパッケージは、なんていいデザインなんだろう・・・と感じます。
青と赤の絶妙なバランスに、丸いパッケージ。
ここに雪印の雪の結晶ロゴが映えるんですよね。
いいデザインです。

雪印6Pチーズとは

雪印6Pチーズは、1954年(昭和29年)にから雪印(現、雪印メグミルク)から販売されている銀紙で包まれた三角形で親しまれているチーズです。

製品名は、雪印6Pチーズと書かれていますが・・・
皆さん、なんと呼んでいますか?

普通なら6Pチーズ → ロクピーチーズと読みますが、
正しい製品名は、ロッピーチーズと読むそうです。

 

昭和ガール
昭和ガール

ありゃりゃ。
今までロクピーチーズと読んでいました。
今度、友人に雑学として教えてあげましょう。

 

わたしもロクピーチーズと読んでいたわ。
ロッピーとはとは・・・。
わたしも友人にどや顔で話してみるわ。

 

1日400箱しか作れなかった6Pチーズ

雪印6Pチーズの前衛である6個入りのチーズが雪印から誕生したのは昭和10年でした。
まだ6Pチーズという名前ではなく、雪印チーズと言う製品名でした。

当時は、日本において、チーズがまだ高級品であり、6つのチーズは缶に入っており、包装もすべて人の手で行っていたため、1日に400箱しか作れなかったそうですよ。

やがて機械化が進み、生産も拡大、缶から紙パッケージなって世の中に大量に流通することができ1954年に雪印6Pチーズという名称になり今に至ります。

 

昭和ガール
昭和ガール

チーズに歴史ありですね。
工場の機械化が進む高度経済成長と共に、6Pチーズも成長していったのですね。

人に歴史あり
チーズにも歴史あり!ね。

パッケージデザインが秀逸!
今も昔も愛され続ける
雪印6Pチーズのご紹介でした。

 

他にも昭和の懐かしい雪印の製品をご紹介しています。
懐かしい雪印の製品

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました