レトロデザインが可愛い:昭和なクノール スープ

昭和 クノール スープ イラスト画像 昭和加工食品・インスタント

クノール カップスープと言えば、お湯を注ぐだけでお手軽にスープが飲めるということで人気ですが、なんと50年以上も歴史があるんですよ。

スポンサーリンク

日本の食卓に初めて洋風スープをもたらした
クノール スープ

 

昭和 クノール スープ イラスト画像

 

昭和ガール
昭和ガール

家庭でいただく洋風スープと言えば、わたしの子供の頃は、これが定番でした。今見ると可愛い袋ですね~

うんうん、袋の絵がレトロで可愛い。
ところでカップスープじゃないの?

 

昭和ガール
昭和ガール

はい、カップで飲むのではなく、袋からスプーンで必要な量をとって、お鍋で温めて作ってくれていました。

 

お鍋で沸かすクノール イラスト

へぇ~そうなんだ。

 

クノール スープとは

クノールと言えば、クノール カップスープ

 

 

何かと忙しい現代では、カップでお湯を注ぐだけでお手軽に飲めるスープではありますが、その前身である袋タイプクノール スープは、1964年(昭和39年)より味の素から販売されている細粒のインスタントスープでした。

袋タイプのクノール スープは、冒頭のイラストに描いたような袋の中に、何人前かのスープの粉が入っており、それをお鍋で温めて家族でいただくという楽しみ方でした。

現代では王道のコーン味はなく、種類は、
マッシュルーム、オニオンクリーム、チキンクリーム、チキンヌードル、ビーフヌードルと5種類の味がありました。

 

 

チキンヌードルやビーフヌードル味、
気になるな~

 

昭和ガール
昭和ガール

ちなみにクノール カップスープが登場したのは1973年(昭和48年)から登場したそうですよ。

 

まだまだお手軽においしくいただきま~す!
味の素クノールのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
なつかしい昭和なインスタント食品

 

 




https://torocco55.thebase.in/items/32646350

 

昔の本から3分でイラストを描いちゃおう~youtube動画作りました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました