歴史ある素敵レトロパッケージ:すしのこ

すしのこ 昭和加工食品・インスタント

発売からおよそ60年。『すしのこ』は、あの『すし太郎』より全然歴史があるのですよね。レトロパッケージが素敵です♪

スポンサーリンク

60年近くの歴史ある製品
すしのこ

すしのこ 製品画像 イラストすしのこ 製品画像
ipadで描きました

 

握りずしに、巻きずし、いなり寿司が味わいある線画で描かれたシンプルなデザイン。
このシンプルさがとっても味わいあります。

  

すしのこ とは

すしのこは、1963年よりタマノ井酢株式会社から販売されている粉状のお寿司の素です。
1963年から60年近くの歴史があり、しかも!世界で初めてお酢の粉末化に成功したという昭和においてはそのアイデアが先鋭的な商品です。すしのこのレトロなパッケージは昔から変わらず、そのシンプルさが今となっては素敵ですね。すしのこは馴染みがあっても、タマノ井酢株式会社というとあまり知られていないですが、実はすごい
会社なのです!1963年
大阪で開催された日本万国博覧会に、食酢業界で唯一に生活産業館に出展した会社。2000年
はちみつ黒酢ダイエットが、パリ国際食品見本市ノンアルコール部門にてシアルドール金賞を受賞。

 

 

 

2003年
神戸製鋼ラグビー部パートナーシップカンパニーとして契約。

2010年
ヘルシー穀物酢500ml PETがフードアクションニッポンアワードにて優秀賞受賞。

 

 

万国に参加したり、製品が賞を取ったり、スポーツで社会貢献したりとタマノ井酢株式会社は地味にかつ地道で一歩一歩進歩している会社なのですね。

 

すし太郎とは違った昔ながらの味わい
すしのこご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
昭和なつかしいインスタント食品の記事

 

タイトルとURLをコピーしました