いつ食べても懐かしい味:ハウス シャービック

ハウス シャービック ハウス食品

ハウスのシャービックは牛乳でつくると、とびきりおいしいですよね。定番は、オレンジ、メロン、ストロベリーですが、わたしはストロベリー味が大好きです♪

スポンサーリンク

発売から愛されて50年以上!
ハウス シャービック

ハウス食品 シャービック 昭和当時の製品画像イラスト

ハウス シャービック 昭和当時の製品画像
ipadで描きました

 

昭和時代のシャービックのパッケージは四角いシャービックがグラスに盛られていますね。
長年トランプの形を型どったシャービックに慣れているので、これは新鮮!
四角いシャービックもおいしそう~

シャービックとは

シャービックは、1970年代よりハウス食品から販売されている水にすぐ溶け、冷凍庫で冷やし固めるだけで簡単に出来るフローズンデザートの素で、牛乳で作るとより一層おいしくなります。

定番の味は、オレンジ、メロン、いちご味ですが、カフェオレ味、抹茶ミルク味、というレアなシャービックも存在したようですよ。

 

ハウス シャービックバー

他にもシャービックをアイスバーにした『シャービックバー』という製品もあったようです。
こちらは定番のシャービックとは異なり、ヨーグルトオレンジ、ピーチ、ヨーグルトパインというラインナップ。ヨーグルト味のシャービックバー食べてみたかった~

昭和売当時は、シャービックの形は四角で広告宣伝されていましたが、その後、トランプのハート、クローバー、ダイヤ、スペードで型づくるのが定番です。

 

ハウス シャービック 昭和

いろんな形がある方が、見た目でもよりシャービックを楽しめますよね。

現在販売されているシャービックもトランプの型は引き続きで、星の型も可愛いです。
(星型は型から取るのがちょっと難しそうですが、形が可愛いです。)

 

シャービック 海外製品

シャービック 海外版

シャービックは海外でも販売されており製品名が『sherbic』と英語になっても、そのパッケージの雰囲気は日本のシャービックと全く同じですね。
トランプの型も海外においても提案されているのが嬉しいところ。

海外も国内でも人気のシャービック。
特に国内では、たまに食べたくなる

 

 

 

シャービックはストロベリーが大好きで、母親によく作ってもらっていました。しかし意外に簡単ということを知ってから、自分で作って食べるようになり、食べ始めたら止まらないんですよね~

いつ食べても懐かしくて、おいしい!
ハウス食品 シャービックのご紹介でした。
他にも懐かしい製品をご紹介しています。
ハウス食品 昭和なつかしい製品記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました