意外に歴史あり!日清 カップヌードル チリトマトヌードル

日清食品

カップヌードル チリトマトヌードルは30年以上の歴史がある製品。
あのシーフードヌードルより2年早く発売されました。

スポンサーリンク

発売当時は地味だった
カップヌードル チリトマトヌードル

昭和 チリトマト カップヌードル

日清食品 チリトマトヌードル 製品画像
ipadで描きました

 

こちらは昭和発売当時のチリトマトヌードル
地味ですね~(笑)
シンプルデザインで嫌いじゃないけど、一見、カップヌードルとの違いが分かりにくいかも。

 

カップヌードル チリトマトヌードルとは


カップヌードル チリトマトヌードルは、1982年(昭和57年)より日清食品から販売されている現在でも人気のカップーヌードルシリーズ。

ピリッとしたチリのほどよい辛さとトマトの甘み・酸味がマッチしたスパイシーなカップヌードルです。

なんと、30年以上もの歴史ある製品であります。

 

チリトマトヌードルは、比較的新しい製品と思っていたけれども、
昭和から販売されているのね!
これは驚き!

 

昭和ガール
昭和ガール

そうですよね。
わたしもその歴史の長さに驚きです。

 

意外と歴史のあるカップヌードルチリトマトヌードル
ちなみにシーフードヌードルが1984年に販売されましたので、その2年も前にチリトマトヌードルが発売されていたのですよね。

しかし、当時はインパクトが無かった

1984年のシーフードヌードの誕生はかなりのインパクトがあり、その新しさ、おいしさからヘビロテしていたのですが、チリトマトヌードルはあまり・・・記憶がないのです(苦笑)

チリヌードルのデザイン変化

昭和発売当時のカップヌードルチリトマトヌードルが、あまりインパクトが無かったのはそのデザインにも原因の一つがあるんじゃないのかな?と個人的には感じます。

 

カップヌードル チリトマトヌードルのデザイン変化

昭和発売当時と現在の比較

カップヌードル チリヌードル デザインの変化

昭和発売当時のチリトマトヌードルはかなり地味で、トマト感もチリ感もあまり感じられません。
チリトマトヌードルのイメージカラーである赤と緑もトーンが暗めですね。

しかし、現在のものは簡略化されたトマトのイメージと同時に明るい緑と赤、そして元気な黄色がチリトマトヌードルのデザインを引き立てています。

デザインを比較してみると、昭和のチリトマトヌードルはかなり地味ね(苦笑)デザインって結構大切ね。

現代では、トマトのカップ麺と言えばカップヌードル チリトマトヌードルが思い浮かぶほど人気の製品。
デザインは元より、味もおいしく進化しており、ランチタイムには時々お世話になっています。

カップヌードル チリトマトヌードルのご紹介でした。

 

他にも懐かしい日清食品の製品をイラストでご紹介しています。
日清食品 昭和のなつかしい製品

 

カップヌードル20周年に発売されたブタホタテドリ
カップヌードルらしからぬ製品、ブタホタテドリ。これが発売されたときは、すぐ買いました。スープがおいしかったんだな~。ホタテ大好き♪ ...

 

 

商品が見つかりませんでした powered by BASE
昭和レトロな編み物の本や、レトロで可愛いものをセレクトしてご紹介しております。少しずつ追加してまいりますので、よろしかったら時々チェックしていただけましたら幸いです。

コメント

  1. Zoy より:

    日清のカップヌードルの人気ランキング第4位らしいですね。
    私は普通の味の次に好きです。
    意外なのが昭和生まれ。最近のものかと思っていました。

    • trocco より:

      Zoyさん

      いつもありがとうございます。

      そうなんですよ昭和に誕生していたとは意外ですよね。
      それがいまや人気ランキング4位なんですね!
      地味にロングセラーなのは嬉しいです♪

タイトルとURLをコピーしました