緑のたぬきの先駆け:マルちゃん 袋麺たぬきそば

マルちゃん 袋麺たぬきそば 昭和加工食品・インスタント

まるちゃん緑のたぬきと言えば、今や定番人気のカップ麺ですが、その先輩に袋麺のたぬきそばという製品がありました。この製品があったから緑のたぬきが誕生したんですよね。商品に歴史あり!

スポンサーリンク

緑のたぬきの前衛!
まるちゃん たぬきそば

 

まるちゃん たぬきそば 昭和の製品画像

まるちゃん たぬきそば 昭和当時の製品画像
ipadで描きました

 

昭和39年に販売されたたぬきそばのパッケージは、まるで昔話のような味わい。
抹茶みたいな渋い緑も昭和な感じでいいですね。

まるちゃん たぬきそば とは

まるちゃん たぬきそばは、1964年に東洋水産から販売されていた袋麺の蕎麦でした。
2分で即席そば麺ができたそうですよ。早いですね!

まるちゃんの蕎麦と言えば、カップ麺の緑のたぬきですが、実は緑のたぬきの先駆けがこのたぬきそばでした。

 

たぬきそばは1964年販売緑のたぬきが1980年販売開始ですから、まさに緑のたぬきの先輩製品で、このたぬきそばが無かったら、緑のたぬきは誕生していなかったかもしれません。

(ちなみに、赤いきつねは、1978年販売開始となります。)

蕎麦なのに茶色じゃなくて緑?
たぬきそばは、決して茶そばではないのですが(苦笑)たぬきそばを引き継いだ緑のたぬきは同時にこのたぬきそばのメインカラーの緑を引き継いだのかもしれませんね。

まさに製品に歴史あり!

人間も同じですが、製品も度重なる経験を経て成長していくのですね。今ある緑のたぬきは、多くの人々に愛され続ける人気製品となっていますものね。

一度この緑の袋麺を手にとってみたかったな
昭和に販売されていた緑のたぬきの先駆け
まるちゃん たぬきそばのご紹介でした。
昭和のどん兵衛もご紹介していますので、よろしかったらご覧ください。
昭和時代の 日清 どん兵衛
タイトルとURLをコピーしました