工藤夕貴さんお湯をかける少女 ハウスの懐かしいラーメン303

昭和 工藤夕貴 お湯をかける少女 ハウス食品

昔のCMは、時々強烈にインパクトが残っていて、今でもふと思い浮かんだりします。今回は80年代のお湯をかける少女のご紹介です。

スポンサーリンク

CMは記憶に残っているけれども
何の商品だっけ?

80年代を知ってる方は、お湯をかける少女覚えていますでしょうか?
大きなヤカンを持ったセーラー服の少女が走っているCMです。

80年代工藤夕貴CM お湯をかける少女 イラスト

はい、工藤夕貴さんのお湯をかける少女です!

昭和ガール
昭和ガール

懐かしい~!
ありましたね~
工藤夕貴さん可愛かったな~♪

 

ハウス食品 お湯をかける少女 303ラーメン

工藤夕貴さんのCMでインパクトありました。
製品は303という名前のラーメンで、1983年(1984年かもしれません)にハウス食品から販売された超即席ラーメン製品でした。

昭和 ハウス食品 303ラーメン

ん?こんなのあったけ?
と感じる方も多いかもしれません。

実はわたしもそうでした。
工藤夕貴さんのヤカンのCMはインパクトあったけれども、製品パッケージはこんなのだったのですね(苦笑)

 

昭和ガール
昭和ガール

確かに。
失礼ながら、このパッケージには記憶がありません(苦笑)

きっと食べたとは思いますよ!

 

ハウス食品ラーメン 303とは

303は、おやつの時間である3時にお湯をかけるだけで、3分後のと3時3分にはラーメンが出来上がって、すぐに食べられるという製品でした。

 

昭和ガール
昭和ガール

へぇ~
そうだったんですね。
お湯をかけるだけで食べられるなんて、日清食品のチキンラーメンみたいですね。

 

ところで303って、
何て読むのが正解なの?


「さんまるさん」
なのか「さんぜろさん」なのか・・・

 

正式名称は「さんじさんぷん」だったそうなのですが、途中から「さんまるさん」に変わったそうです。

当て字アイデアとしては面白いけれども、
303から「さんじさんぷん」と読むのは確かに難しい。
(苦笑)

 

工藤夕貴さん鮮烈デビュー お湯をかける少女

303ラーメンパッケージは記憶にない方も多いかもしれませんが、80年代を知る人は工藤夕貴さんのお湯をかける少女のCMは、覚えているのではないでしょうか?

昭和 工藤夕貴 ハウス食品ラーメン 303

お湯かけて

お湯かけて

お湯かけて~♪

当時、このCMが流れてくると食い入るように見ていた記憶があります。
工藤夕貴さん見たこと無いタレントさんだったし、輝いていて本当に可愛かった~

 

昭和ガール
昭和ガール

こちらはyoutubeにも動画をアップしていますので、よかったら見てみてください↓

工藤夕貴 お湯をかける少女を懐かしむん

 

時をかける少女のパロディー

お湯をかける少女が世にでるきっかけは、なんと映画『時をかける少女』でした。

1984年原田知世さん主演の『時をかける少女』が大ヒットとなり、このパロディーとしてCM登場したのがお湯をかける少女だったのですよね。

 

昭和ガール
昭和ガール

パロディだったのですねぇ!
原田知世さんの『時をかける少女』と
工藤夕貴さんの『お湯をかける少女』では
雰囲気が全然違うので、気づなかったですわ~

ふふふ。面白い!
いろいろ考えられているのね。

 

昭和の懐かしいハウス食品インスタントラーメン製品303
お湯をかける少女のご紹介でした。

 

他にも懐かしいものをイラストでご紹介しています。
ハウス食品 昭和のなつかしい製品



https://torocco55.thebase.in/items/38083209

タイトルとURLをコピーしました