昭和からの変遷がおもしろい!グリコ パナップ

グリコ パナップ グリコ
パナップは今も昔も変わらず私はグレープ味が一番好きです。バニラアイスとグレープジャムの甘酸っぱい組み合わせが何とも言えないです。ぱぱぱぱぱぱぱぱ、パナップ!←これ分かる人・・・古い(苦笑)
スポンサーリンク

発売当時は斬新でした!
グリコ パナップ

グリコ パナップ 昭和の製品画像

グリコ パナップ 昭和当時の製品画像
ipadで描きました

昭和時代、グリコのデザインはポップで可愛い製品が多かったのですが、パナップもそんな製品の一つ。
名前も覚えやすいし、当時のグリコの製品開発・クリエイターたちは、本当に素晴らしかったと感じさせてくれる製品です。

パナップとは

パナップは、1978年にグリコから販売されている超ロングセラーのアイスで、発売当時は縦長のパッケージが珍しく、木へらのロングスプーンが配布されていました。
(そういえば、今では無いですね)

バニラアイスの中央にフルーツのジャムが入っているので、バニラだけでも楽しめるし、ジャムとバニラアイスを組み合わせて食べて良し!

甘酸っぱい味が頃合い良いおいしいアイスでいまだ人気です。

パナップ名前の由来

パナップの名前の由来は、パフェを食べるスタイルを気軽に楽しむというコンセプトで「パフェ」と「カップ」を合わせてパナップと名付けられました。

ネーミングの由来は、意外と知りませんが、この造語の組み合わせはナイスで、親しみやすく、覚えやすいですね。

パナップの歴史

パナップは グレープ味とオレンジ味で昭和にデビューしたアイス

初代パナップ

パナップは、グレープとオレンジ味でデビュー! 当時価格は100円でした。

その後、人気を博し、大ヒットアイスとなったパナップは、松田聖子さんをCMに起用し、味もどんどん増やしていきます。

グリコ パナップ ラズベリー味とグレープ味

ラズベリーが登場! 価格は120円に。

グリコ パナップ キウイ味 昭和100円

昭和当時、新しいフルーツとして世に登場したキウイもパナップの仲間に投入します。
グリコはトレンド察知力が素晴らしかったですね。

グリコ パナップ 平成の製品画像 100円

時代がどんどん進むもアイドル起用がうまいグリコは、松田聖子さんに続いて、牧瀬里穂さんをパナップのCMに起用し、フルーツ味から一歩進み、チョコレート味を入れました。
この頃価格は100円に戻りました。
こうやって見ると、パナップの歴史おもしろいですね。いろんな味に挑戦していたグリコのマーケティング作戦も素晴らしい。まさにパナップは昭和を代表するアイスです。

ヒカキンもパナップ

超巨大パナップ作ってみた!

人気youtuberヒカキンもパナップを動画のお題に取り入れ、超巨大パナップ作ってみた!
などと言う面白い動画もUPされています。

これヒカキンの試行錯誤がすごく面白いのでお時間ある時、見てみてください。

日本のアイスは面白い!

まだまだ愛され続けることでしょう
グリコ パナップのご紹介でした。

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
昭和グリコの製品記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました