昭和レトロ:懐かしい ピノ いちご味

ピノ いちご味 昭和アイス
昭和から販売され今も大人気のピノ。
昭和時代のピノいちご味のパッケージはレトロで可愛い~。
CGを使わないデザインって味わいあるんですね。
スポンサーリンク

昭和に販売されたピノいちご味のパッケージは秀逸! 森永ピノいちご味

森永ピノ いちご味 昭和の製品画像

森永乳業 ピノいちご味
昭和当時の製品画像
ipadで描きました

昭和時代のピノのパッケージのこのレトロ感!
シンプルながらも味わいあるデザインなわけですが、このピンクのパッケージ。
いちご味のピンクがなんとも言えない味わい深さがあるのです。素敵♪

ピノの歴史

ピノは、19746年(昭和51年)より森永乳業より販売されている昭和当時から現代まで多くの人に愛されている超ロングセラーのアイスです。

当時新しいアイスを提供したいと思った森永が一口サイズのアイス。
ピノはイタリア語で「松ぼっくり」を意味するようです。 森永ピノ 昭和の製品画像

森永乳業 ピノ 昭和当時の製品画像

  → 昭和の森永ピノの記事はこちら

昭和時代と言えば主力製品の別フレーバーを販売するとなると定番はいちご味!
人気商品のピノからもいちご味が販売されており、そのパッケージのレトロさ可愛さといったら。
昭和のイチゴ味ピノと現代のイチゴ味ピノ比較
こちらは昭和のピノいちご味と現代のパッケージの比較です。
手書きっぽい昭和のピノのパッケージはとっても可愛く、温かみを感じます。

昭和のデザインってコンピューターグラフィックは使用していないので、味わいある秀逸なものが多いから好きなんですよね~

昭和の優しいデザインパッケージ
森永ピノ いちご味のご紹介でした。

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
昭和 森永乳業のなつかしい製品記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました