昭和なつかしいスナック菓子:東ハト 100てん満点!

東ハト 100てん満点! 昭和スナック菓子

東ハト 100てん満点!は、10本のコーンスナックが入って100円。
これは子供にとってはボリューム満点でお得に見えました。遠足に持っていったらリュックがパンパンになってしまいます。くぅ~懐かしいな~

スポンサーリンク

昭和のうまい棒の対抗馬
東ハト 100てん満点!

東ハト 100てん満点

東鳩 100てん満点! 昭和当時の製品画像
ipadで描きました

 

東鳩と言えば、クッキーが有名ですが、キャラメルコーンという超人気スナック菓子もあるため、100てん満点!のコーンスナック菓子は、東鳩にとっては得意ジャンルであったのではないでしょうか。

100てん満点とは

100てん満点とは、東鳩(東ハト)から1980年頃に販売されていたコーンスナックで10本入って100円とお得感満載の人気スナック菓子でした。(終売しています)

うまい棒が1979年発売ですから、この100てん満点が登場したのは時は同じ頃。

100てん満点も、うまい棒も人気で、

うまい棒を買うか?
100てん満点を買うか?

で迷った子供たちも多くいました。

100円1枚でがっつりボリューミーなコーンスナック10本に対し、1本10円で種類が買えるうまい棒ですからね。これは、今この状況になっても迷います(笑)

100てん満点 昭和当時の広告

価格設定も上手で100円の100てん満点の姉妹品として、2本で20円と言う頃合いよい価格のものも販売されていました。

2本設定というのが上手い!!

東ハト 100てん満点 ベジタブル味

100円の100てん満点には、幻のマヨネーズ味もありました。

価格は、5本で50円。

う~ん、価格設定がなんか上手い!

ピザ味100円に対し、新製品を5本で50円という思わず手にしてしまう価格設定が上手すぎる!
これは現在のマーケティングにも参考となる手法(?)ではないでしょうか。

 

100てん満点というスナックは、当時よく食べていた記憶があります。10本のコーンスナックですから、食べても食べても無くならない。これが良かったんですよね。

東鳩 100てん満点! 昭和のなつかしいCM

{CM} 東鳩 100てん満点 (1982)

100てん満点!のCMに出演していたのは『あのねのね』
(時代の古さを感じます)

100てん満点!10本食べたら100点、3本しか食べていないから30点しか取れなかった・・・
という言い訳コントも楽しい♪

昭和時代こども達に楽しさを与えたユーモア・スナック菓子
東鳩さん!昭和時代を思い出し、どんどん冒険してください。
東鳩100てん満点!のご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
東ハト 昭和のなつかしい製品記事

 

タイトルとURLをコピーしました