昭和 懐かしいスナック菓子:明治製菓 白い花

明治製菓 白い花 明治製菓

とにかく味がおいしいスナック菓子という記憶が残る『白い花』。この製品のこと覚えている人いますでしょうか?

 

スポンサーリンク

昭和の懐かしいスナック菓子
明治製菓 白い花

明治製菓 白い花 昭和の製品画像イラスト 明治製菓 白い花 昭和販売当時のパッケージ

 

黄色い箱に、ほんのりピンクのお花たち。
女子ならこういうお菓子が販売されていたら、買ってしまいますよね♪
味もすごくおいしくて、何度もリピート買いしてた懐かしいお菓子です。

明治製菓 白い花とは

白い花は、明治製菓から1981年に販売されていたリンゴの形をしたキャンディーのスナック菓子です。
白い花はリンゴの花を形だそうです。りんごってこんな可愛いお花なんですね。
ベースはかりんとうで、表面にはリンゴ味がほんのり香るリンゴ味のキャンディーがコーティングされおりました。

ほんのり甘酸っぱい。

白い花は、昭和の青春時代真っただ中の乙女が食べるために作られたようなお菓子でした。

明治製菓の白い花は、販売期間が非常に短かったと記憶しているのですが、とにかく味がおいしくて記憶に残っているお菓子です。甘酸っぱいりんご味が頃合いよかった乙女なお菓子って感じです。

白い花は、ネットの情報が少なく、あれだけおいしいお菓子だった分、残念。
お菓子の中で、味のおいしさが記憶に残るのは珍しいため、明治製菓さん!再販をぜひとも!

これを食べたら甘酸っぱいりんごのような青春の味。
明治製菓 白い花のご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
明治製菓 昭和なつかしい製品記事

 

タイトルとURLをコピーしました