記事内のイラスト、文章無断利用の禁止(youtube無断転載、youtube構成流用、SNS画像利用等)

70年代ロッテのファンシーチョコ 小さな喫茶店

昭和 ロッテ 小さな喫茶店 ファンシーチョコ お菓子
70~80年代は、各製菓会社からファンシーなお菓子が数多く販売されており、可愛いパッケージが多くありました。♪
スポンサーリンク

ファンシーパッケージが可愛い!
ロッテ小さな喫茶店

可愛いお菓子のパッケージ ロッテ小さな喫茶店
このいかにも昭和らしいファンシーさがたまらなくかわいいです!

昭和のロッテ 小さな喫茶店 チョコレート菓子

80年代 ロッテ小さな喫茶店

昭和ガール
昭和ガール

喫茶店を題材としてお菓子にするなんて!
昭和の企画者って、ロマンティックで素敵です。

 

ロッテ 小さな喫茶店とは

小さな喫茶店は、1977年にロッテから販売されたチョコレート菓子でした。
サブタイトルは、COFFEE CUP CHOCOLATE

COFFEE CUP CHOCOLATE(コーヒーカップチョコレート)とその名の通り、お菓子の箱の中には、お菓子のコーヒーカップが入っていました。

70年代 ロッテ小さな喫茶店 お菓子の説明イラスト

コーヒーカップはウェハース、中にはコーヒーチョコレートが入って、ホワイトチョコレートが真ん中にのっかっております。

なんて凝った作りかしら♪
アイデアが素敵すぎ~!

昭和ガール
昭和ガール

お口に入れると、サクサクウェハースと、コーヒー&ホワイトチョコレートのハーモニーだったのでしょうね。
想像するだけでも美味しいチョコレートですね。

それはおいしいハズ
うっ、食べたい。

最近ではファンシーパッケージは、あまり見かけないですが、こんな可愛いお菓子があったなんて、やはり昭和は素敵!

また復活してくれると嬉しいな。
ロッテ 小さな喫茶店のご紹介でした。

 

他にも懐かしいものをイラストでご紹介しています。
ロッテの懐かしい製品
タイトルとURLをコピーしました