昭和レトロなレア・チョコレート:森永製菓 チョコの樹

森永製菓 チョコの樹 昭和チョコレート

昭和49年に発売された森永『チョコの樹』は、発売期間が短くレアな昭和チョコレートです。わたしも知りません。しかし、その誕生には森永製菓の真剣な思いが込められていました。

スポンサーリンク

高度経済成長期と共に生まれたチョコレート
森永 チョコの樹

森永 チョコの樹 昭和の製品画像

森永製菓 チョコの樹 昭和時代の製品画像
ipadで描きました

 

渋いパッケージです(苦笑)
しかし、このパッケージには昭和の高度経済成長の課題のメッセージがこめられていたのでした。

チョコの樹とは

チョコの樹は、1974年に森永製菓より発売されたチョコレートです。

自然の姿を菓子にみたてて…
1974年というと、日本は高度成長の真っただ中でした。
工業化が進む最中、自然破壊、自然汚染などの公害問題が発生しており、この危機感を抱いた森永は、「自然尊重」「自然回帰」のメッセージを広告や製品を使って積極的に打ち出していった会社です。そのコンセプトを最初に形にしたのがが、ご存知「小枝」です。
小枝は今も人気のチョコレート菓子ですが、その製品が誕生したきっかけは、日本の公害問題が発端だったとは驚きですが、確かに小枝には、そのパッケージデザインや、チョコレートの形から、どこかしら懐かしさや優しさを感じますね。
森永 小枝 昭和の製品画像
https://retrox.biz/archives/11879745.html
森永製菓は、これまでになかったユニークな新製品の数々を、自然シリーズとして市場に送り出した。
そんな製品の一つが「チョコの樹」だったのです。

こういう企業の思いが製品化されていたとは、知らなかった事実です。なので昭和には、きのこ、たけのこ、小枝、どんぐり、ほうずきなど自然にあるものをチョコレート化した製品が多いわけですね。

このチョコは発売期間も短くレアかもしれません。私も知りません。しかし、昭和時代の森永製菓の思いが込められたとっても素敵なエピソードのあるチョコレートです。
森永 チョコの樹のご紹介でした。
他にも懐かしい製品をご紹介しています。
森永製菓 昭和なつかしい製品記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました