昭和発売からのロングセラー:不二家ハートチョコレート

不二家

大きなハートのチョコレートにピーナッツがギッシリ!

不二家ハートチョコレートは、たべごたえがあり、1枚でも幸せな気分になります。

スポンサーリンク

大きなハートがおいしい!
不二家ハートチョコレート

 

不二家 ハートチョコレート 昭和時代の製品イラスト画像

不二家ハートチョコレート 昭和の製品画像
ipadで描きました

 

不二家のハートチョコレートは、真っ赤なパッケージを開けると大きなハートのチョコレートのご登場~♪チョコレートとピーナッツのバランスがとっても良くおいしいのですよね。

不二家ハートチョコレートとは

不二家ハートチョコレートは、1935年(昭和10年)から不二家より販売されているピーナッツがたっぷり入ったハート型のチョコレートです。

昭和当時の価格は一つ50円でした。

ハートチョコレートと言えば、真っ赤なパッケージのイメージですが、発売当初は半透明のパッケージに白が基調だったようです。

 

昭和ガール
昭和ガール

発売当初はポップなデザインだったのですね。

ハートチョコレートは発売されて80年以上もの歴史があるとは、
驚きです!

 

ハートの贈り物♪

ハートチョコレートは、バレンタインデーの義理チョコとしても有名ですが、昭和時代は、本命の彼へのプレゼントとして人気があったそうです。

昔は本命用だったんだ!(驚)

こんな感じに、ラブレレターの封筒の中にハートチョコレートが入っているという(笑)

昭和ガール
昭和ガール

昭和の女の子達は、なんだか可愛いですね。
ハートチョコレートをもらった男の子たちもさぞや嬉しかったでしょうね。

50円チョコレートであっても、本命とあれば、嬉しわよね♪

 

やはり真っ赤が一番!ハートチョコレート

ハートチョコレートは、デザイン変更を繰り返しながら、最終的には赤パッケージが定番となりました。

 


長年慣れているためか、白パッケージより、やはり赤パッケージがしっくりきます。

ハートチョコレートは、近年ではバレンタイン以外は単体で販売されることは少なくなり、ファミリーパックが主となっているようです。

ファミリーパックで小さいのを沢山食べられるのも嬉しいけれども、あの大きなハートをガブリっと食べたいこともあるよね。
バレンタインシーズンのみは、ちょっとさみしい。

 

 

まだまだ愛されるハートのチョコ
不二家ハートチョコレートのご紹介でした。

 

↓同時代に森永製菓から販売されたピーナッツチョコレート

森永ピーナッツチョコレート 昭和の製品画像

懐かしい製品の記事は以下からご覧ください。

他にも懐かしい不二家の懐かしい製品についてご紹介しています。
不二家の懐かしいお菓子

 

【昭和 手芸】手芸フレンド ピチ 1981年6月号 松田聖子表紙 | 昭和レトロな雑貨と本屋 powered by BASE
ご覧いただき、ありがとうございます。★昭和の手芸雑誌ピチ★昭和の手芸雑誌 手芸フレンドピチ 松田聖子さんが表紙特集は『私のお部屋づくり』です。お部屋を可愛く飾るインテリア手芸、他アップリケ、パッチワークなどイラスト満載で作り方が紹介されています。□発刊昭和56年全103ページ□状態昭和の本のため、多少のヤケはありますが...
タイトルとURLをコピーしました