昭和アイドルの登竜門:グリコ アーモンドチョコレート

グリコ アーモンドチョコレート グリコ
グリコアーモンドチョコレートというとCMのインパクトも強く、当時人気のアイドルたちが、こぞってこのCMに出ていました。
まさに昭和のアイドル登竜門製品!
スポンサーリンク

昭和の懐かしいチョコレート グリコ アーモンドチョコレート

グリコ アーモンドチョコ 昭和当時の製品画像 イラスト

グリコ アーモンドチョコレート
昭和当時の製品画像
ipadで描きました

グリコ アーモンドチョコレートのパッケージは、スライド式タイプでチョコレートを食べた後、捨てるのが惜しいほどよくできたものでした。
赤い元気なカラーも、グリコらしかった~

グリコ アーモンドチョコレートとは

グリコアーモンドチョコレートは、1958年にグリコから販売されていたスライド型パッケージが特徴のチョコレート菓子です。
(現在は、終売しています)
グリコ アーモンドチョコレート 昭和

アーモンドチョコレートは、1箱に10粒のチョコレートが入っておりました。
一つ一つ銀紙で丁寧にくるまれ、チョコレートの中にはローストされたアーモンドが丸々1個入っていました。

昭和 グリコ アーモンドチョコレート中身

ローストされたアーモンドは噛むと、カリっ!という音がたまらなく、香ばしいアーモンドの香りとチョコレートのハーモニーが絶妙!

アーモンドの大きさに対するチョコレートの割合も丁度良い一粒チョコレートだったのです。
アーモンドチョコレートは、そのカリカリ食感がおいしく、記憶に残っています。
1粒1粒がとても丁寧に包まれたチョコレートだから大切に食べていました。

グリコ アーモンドチョコレートの姉妹品

アーモンドチョコレートには、姉妹品があり、ビターなAPHORO’S、濃厚なミルクチョコレートであるセシルチョコレートなどもありました。

グリコ アーモンドチョコレート セシルチョコレート

各チョコレート製品は1粒1粒が銀紙に包まれていたので、お皿にのせると華やか~ パーティー需要のオススメとしてもマーケティングされていました。

昭和 グリコ パーティーパックチョコレート

アーモンドチョコレート、セシルチョコレートからは、ファミリーやパーティでも皆が楽しめるのパーティーパックもありました。
そんな人気チョコレートであったアーモンドチョコレートは今は残念ながら終売となっており、購入することは叶わないのですが、グリコからはアーモンドピークと言う製品が販売されています。

 

製品自体のコンセプトは、かつてのアーモンドチョコレートと同じで、チョコレートの中には、ローストされたアーモンドが入っており、1箱の中身は12粒。 ただ、スライド型の箱ではありません(苦笑)

グリコアーモンドチョコレートは残念ながら終売となっていますが、昭和時代のCMを含めた製品の楽しい思い出は残っています。
スーパーでは必ず置いてありましたからね。

グリコ アーモンドチョコレート 昭和CM

アーモンドチョコレートと言えば、アイドルの登竜門!

グリコアーモンドチョコレートCM 約束 渡辺徹 小泉今日子

小泉今日子さんバージョン

南野陽子 グリコ アーモンド チョコレート CM Minamino Yoko Almond chocolate Glico AD

南野陽子さんバージョン 三浦友和、田原俊彦、松田聖子、小泉今日子、南野陽子と当時人気を博したアイドル達がCMに出演しており、製品とアイドルの人気相乗効果は抜群でした。

1粒を大切に食べた思い出チョコレート
グリコ アーモンドチョコレート のご紹介でした。

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
昭和グリコの製品記事
タイトルとURLをコピーしました