記事内のイラスト、文章無断利用の禁止(youtube無断転載、youtube構成流用、SNS画像利用等)

森永小枝 パッケージの歴史と思い出

昭和の小枝パッケージ イラスト 昭和チョコレート
森永 小枝は、昭和生まれ。
50年以上の歴史があるロングセラーで、
アーモンドとチョコの分量が、ちょうど良く、飽きがきません。
スポンサーリンク

チョコを枝にしたアイデアがGOOD!
超ロングセラー 森永小枝

森永 小枝って、よくよく思い返したら『枝』なんですよね(笑)

 

 

枝って、言い方(笑)

昭和に誕生したお菓子たちは、自然を模した製品が多かった気がしますね。

森永小枝 リアルなイラスト

昭和ガール
昭和ガール

確かに。
きのこの山とか、木こりの切り株とかありますね。

そんな小枝は、愛すべく日本を代表するロングセラー製品。
パッケージの歴史を小枝の思い出と共に、イラストでご紹介しましょう。

 

森永小枝 懐かしいパッケージ

小枝の誕生は、1971年(昭和46年)
50年以上も人々に愛される「枝」なんて、なんだか素敵ですよね。

 

「枝」って、言い方(笑)

森永小枝 1971年発売当時のパッケージ イラスト

昭和の小枝パッケージは、こんな感じでスライドする箱で、中には小枝がギッシリ、ずっしり詰まっておりました。

 

昭和ガール
昭和ガール

これこれ、この薄い黄色のパッケージ
小枝のテレビCMもよく流れていたので、森永 小枝のパッケージ箱はとても印象に残っています。

 

 

森永小枝 パッケージの歴史

1971年 小枝誕生!
とてもシンプルなパッケージでデビューしました。

森永小枝 パッケージの歴史1970年代~80年代

その後、1977年よりログハウスのイラストが入って、より小枝感が演出されるようになりました。

 

その後、1975年に誕生した『きのこの山』もベースカラーは黄色だったわね。
昭和 初代きのこの山 パッケージ

昭和ガール
昭和ガール

もしかしたら、少し小枝を意識していたのかもしませんね。

森永小枝 パッケージの歴史1970年代~80年代

 

1984年以降、小枝のベースカラーは今まで定番だった薄い黄色から、白へと変更されました。
1987年になると、ログハウスのイラストも無くなり、シンプルなものへ変わっていくのですよね。

 

ログハウスのイラストがいい味出していたのでちょっと残念。
デザインも時代の変化に合わせたという感じかしらねぇ。

 

小枝 思い出パッケージ

小枝は50年以上ものロングセラーなので、時代時代によってその人にとって思い出のパッケージ時代があると思います。皆さんはどうでしょうか?

わたしの場合は、1978年~1984年の間にあったこのパッケージが思い出に残っています。

1978年 森永小枝パッケージ イラスト

1978年の小枝パッケージ

 

この箱デザインを見ていると、子供の頃の思い出がよみがえってきます!!
小枝よく食べていたな~
懐かしすぎです!

 

ずっしりたっぷり!小枝の思い出

現代の小枝は、小分けに分けられており1袋あっという間に食べてしまうのですが(苦笑)
かつての小枝は、箱の中に『これでもか~!』と敷き詰められており、敷居で分かれていました。昭和の小枝との思い出 イラスト
箱を開けた瞬間、箱からチョコレートの香りがただよいます。
食べても食べても、無くならず、仕切りの半分食べ終わっても『まだ半分もある!』、『明日も食べよ♪』と毎回喜びがありました。
小枝の懐かしい思い出。
これからもずっとファンとしてお世話になります!
森永 小枝の懐かしい思い出でした。
他にも懐かしいものをイラストでご紹介しています。
懐かしい森永製菓のお菓子

 

 


 

魔法の手づくりノート 昭和56年 My Birthday増刊号
魔法の手づくりノート 昭和56年 My Birthday増刊号
80年代の人気雑誌My Birthdayから出た増刊号の手芸特集です。
マスコット、編み物、インテリアなどなど手芸の作り方が紹介されている楽しい号です。

 

タイトルとURLをコピーしました