昭和 懐かしいチョコレート菓子:森永 つくんこ

森永 つくんこ 昭和チョコレート

見た目もかわいく、味もおいしいお菓子。それが『つくんこ』でした。チョコレート菓子を『つくし』にして実現してしまうって、結構大胆!

スポンサーリンク

昭和の懐かしいチョコレート菓子
つくんこ

森永つくんこ 昭和の製品画像イラスト

森永つくんこは、つくしの形をした可愛いお菓子。つくしをお菓子にしてしまうという発想が昭和(笑)パッケージもファンシーでなんて可愛」かったのでしょう。

 

昭和のお菓子 つくんこ とは

つくんこは、1983年森永製菓から販売されていたつくしの形をした可愛いチョコレート菓子です。

つくしの茎の部分はクラッカーで、つくしの頭の部分はアーモンド入りのチョコレートでコーティングされていました。

 

『つくんこ』は、その形の可愛さも人気でしたが、味も飽きが来なくて、いつまでも食べていたいバランスの良いチョコレート菓子でした。

 

そんな『森永 つくんこ』の懐かしのCMをご覧ください。

森永製菓 つくんこ 昭和なつかしいCM

森永 つくんこ CM 柏原芳恵

 

つくんこのCMは、柏原芳恵さんが出ていたのですね。も~りな~が、つくんこ♪のフレーズが懐かしい~

 

発売早々かなり人気が出た「森永 つくんこ」でしたが、再販の声も多く聞かれます。
わたしも「つくんこ」は、もう一度食べたいチョコレート菓子ですし、むしろコンビニで定番で置いていただきたいです。
森永 つくんこのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
森永製菓 昭和なつかしい製品記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました