東京ディズニーランドと共に:森永パックンチョ

森永 パックンチョ 昭和チョコレート

森永パックンチョは、東京ディズニーランドの設立と共に誕生しました。ディズニーキャラクターがプリントされたビスケットは今で健在で、あらゆる世代を楽しませてくれます。

スポンサーリンク

ディズニーと共に!
森永パックンチョ

森永パックンチョ 昭和発売当時の製品画像
森永パックンチョ 昭和発売当時の製品画像
ipadで描きました(メルカリ等の無断利用禁止)

 

1983年に登場した森永パックンチョ
このギンガムチェックのパッケージを見て「懐かしい~!」と感じる方も多いのでは?
発売当時は、プリントされたスナック菓子に、嬉しい衝撃を受けましたよね。

 

森永パックンチョとは

森永パックンチョは、森永製菓から1983年より販売されているディズニーキャラクターがプリントされたチョコレートクリーム in ビスケットとして長く愛されています。

 

記事
森永パックンチョ 昭和時代の商品

昭和発売当時、スナック菓子自体にここまでクリアにミッキー、ミニーなどのディズニーキャラクターがプリントされていたことは斬新で、思わず「可愛い!!」と歓喜された人も多かったことでしょう。

食べるのがもったいない!
(でも、食べちゃんうんですが)

当時はそう感じながら大切に食べていました。

現在まで販売されたパックンチョの絵柄は、なんと300種類
森永製菓の公式ページでは、300種の絵柄が紹介されており、見ているだけで楽しいです。

森永パックンチョとディズニー

では、なぜパックンチョとディズニー?

理由は、パックンチョが発売された日が、
東京ディズニーランドの開園日と同じ1983年4月15日
だったからです。

1983年以来、森永パックンチョはずっとディズニーキャラクターを適用し、まさにディズニーと共に愛され続けている日本を代表するスナック菓子です。

 

東京ディズニーランドが出来てから、森永製菓とディズニーの関係は深く、ディズニーランドで買えるお菓子の中には、森永製菓が製造しているものも多いのでチェックしてみてくださいね。

 

森永製菓の布石

昨今、昔からあるロングセラー製品だからと言って、その製品が存在し続けるというのは難しい時代となりました。

その例が、明治製菓のカールです。
スナック菓子と言えばカールだったわけですが、

明治製菓カール
https://retrox.biz/archives/19877645.html

そのビッグブランドであるカールが縮小傾向となり、現在では東日本での販売を停止、西日本でしか購入することができません。

縮小の原因が、スマホ時代の到来です。

スマホを見ながらカールを食べるとスマホが汚れるということで、カールが人々から敬遠され、売り上げが減少したということなのです。(わたしはそれだけが理由とは思えませんが・・・)

この明治製菓の事例を受け、布石を打っているのが森永製菓です。

森永製菓公式ページにおいて、パックンチョの説明に以下文章を入れています。

チョコの香りや味わいをビスケットの香ばしさと一緒に楽しめるパックンチョならではのおいしさです! しかも手が汚れないのでおでかけにも便利

森永製菓公式ページ引用

手が汚れない
これはカールのニュース報道を森永製菓が見て、いち早く追記したのでしょうか。
確かにパックンチョは、手が汚れません。
この一文をすぐに追加した森永はその企業努力が素晴らしい。
企業としても、ロングセラーを続けるグランド製品は、決して衰退させたくないですからね。
パックンチョ応援しましょう。

まだまだこの先も愛され続けることでしょう
森永パックンチョのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
森永製菓 昭和なつかしい製品記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました