デザインがレトロで懐かしい~明治ミルクチョコレート デラックス

明治ミルクチョコレート デラックス 明治製菓

チョッコレート♪チョコーレート♪チョコレートは、め・い・じ♪昭和生まれならこの歌はCMでよく聞きましたよね~

スポンサーリンク

昭和のミルクチョコレートと言えば
明治ミルクチョコレート デラックス

 

明治ミルクチョコレート 昭和の製品画像

明治ミルクチョコレート デラックス 昭和時代の製品画像
ipadで描きました

 

昭和のお菓子パッケージってシンプルなものがとっても多いです。ただ、色使いはどのパッケージも素晴らしいんですよね。
コンピューターグラフィックの時代では無いから、カラー見本で一つ一つ作っていったんだろうな。だから、昭和の製品からは愛を感じるんです。

明治ミルクチョコレート デラックス とは

明治ミルクチョコレートは、1926年に誕生しました。
『チョコレートは明治』というイメージですが、1918年すでにライバル企業である森永製菓がミルクチョコレートを販売しており、それを追う形で明治がミルクチョコレートのマーケティング戦略をとっていきました。

チョコレートは明治 昭和のキャッチ

そうです!
『チョコレートは明治♪』というCMや広告をどんどん出していったのですよね。
このマーケティング戦略によって、『チョコレートは明治』というイメージを決定づけることができたのですよね。

 

チョコレートは明治

広告・CMは、一貫して『チョコレートは明治』
このキーを徹底して、明治の宣伝広告に活用していったわけです。

 

昭和の明治チョコレート ラインナップ

昭和時代に、明治が推したチョコレートの主力3製品がこちら。
黒、黄色、赤と、板チョコレートと言えば、この御三家はなつかしい~

明治ブラックチョコレート、明治ミルクチョコレートデラックス、明治ハイミルクチョコレート。
3つのチョコレートを並べると、商品コンセプトのカラーがわかりやすく、3つ並べるとバランスが良いですね。

 

明治はこういうトータルも含めて、日本においてチョコレートは明治!という販売戦略を考えてきたわけです。

こう考えると、昭和の明治製菓のマーケッター達はすごいですね。
ちなみにこちらはレアです!↓

 

明治ミルクチョコレート レア

明治チョコレートキャラメル デラックス
昭和時代のパッケージ ipadで描きました

 

明治チョコレートキャラメル デラックス。

チョコレート×キャラメルです。
おいしそうですね~

わたしは、この製品の中身は分からないのですが、チョコレート味のキャラメルだったのでしょうかね。
チョコレート×キャラメルって、ぜったい美味しいと思いますので、ぜひ再販してもらいたいところです。

 

板チョコレートって、シンプルな製品な分、消費者にその特徴を知ってもらうのは、なかなか難しい製品です。チョコレートは明治というキャッチフレーズは秀逸です。

明治製菓は初期の頃から、『チョコレートは明治!』と広める活動を進めておりました。
そんな歴史を受け継ぎ今でも皆に愛され続ける
明治製菓 ミルクチョコレートのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
明治製菓 昭和なつかしい製品記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました