昭和のパッケージが可愛かった:森永エンゼルパイ いちご

森永エンゼルパイ いちご 昭和クッキー・ケーキ

森永エンゼルパイは、ロッテのチョコパイ以前に販売された昭和の大ヒット製品。マシュマロが挟んであり、食べ応え満点でした。

スポンサーリンク

昭和を代表するチョコレート菓子
森永エンゼルパイ いちご

森永エンゼルパイ いちご 昭和の製品画像

森永エンゼルパイ いちご 昭和当時の製品画像
ipadで描きました(メルカリ等の無断利用禁止)

 

 

昭和時代の森永エンゼルパイ いちご味のピンクのパッケージってめっちゃキュート♪
エンゼルパイのおいしさも表現しつつ、全体バランスが丁度よいと思いませんか?
この箱を見て買わない女子はいません(笑)

森永エンゼルパイとは

森永エンゼルパイは、1961年から森永製菓から全国販売されているチョコレートでコーティングされた2枚の軟らかいビスケットの間にマシュマロを挟んだパイケーキです。
当時販売価格は、2枚のエンゼルパイが入って100円でした。

マシュマロが挟んであるから、濃厚でとっても食べ応えがあり、2枚食べると満足感がはんぱありませんでした。

そんなエンゼルパイの仲間として、いちごが発売されたのは1978年。
実にエンゼルパイが発売されてから、12年もの時を経て販売された待望のいちご味でした。

エンゼルパイいちご味は、通常のエンゼルパイのカステラ生地の間にいちごジャムが入っており、コーティングされてるチョコレートに練乳のようなクリームが模様としてかかっている見た目にもゴージャスでした。

 

a

森永エンゼルパイのCMと言えば

1パイ、2パイ、エンゼルパイ
3パイ、4パイ、ソフトパイ
5パイ、6パイ、ソフトパイ
おいしさいっぱい、新発売

と語呂合わせよく、パイがどんどん積み重なっていくものが印象に残ります。
とっても楽しいCMでした。

 

森永エンゼルパイ 昭和時代120円

1984年 森永エンゼルパイ

1984年時は、価格は120円に値上がってしまいましたが、おいしさは変わらず、パッケージにもきちんと2枚のエンゼルパイが入っていることが分かりやすくなりました。

森永エンゼルパイは、大好きでよく買ってもらっていました。オーソドックスなチョコレート味にするか、いちご味にするか?スーパーのお菓子コーナーで、真剣に悩んでいた子供時代を思い出します。

森永エンゼルパイ 昭和なつかしいCM

CM 森永製菓 森永エンゼルパイ 1984年

 

大きなパイが2枚入った昭和のお菓子の夢
森永エンゼルパイのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
森永製菓 昭和なつかしい製品記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました