昭和の懐かしいチョコレート:森のどんぐり(森永製菓)

森のどんぐり(森永製菓) 昭和チョコレート

ころころとしたどんぐりのチョコレートスナック菓子『森のどんぐり』わたしはこの商品は知らないのですが、パッケージが絵本のようでとっても可愛いですよね~

スポンサーリンク

チョコもパッケージも可愛い!
森永製菓 森のどんぐり

森永製菓 森のどんぐり 昭和の製品イラスト画像

森のどんぐり 昭和時代の製品画像
ipadで描きました

 

絵本の世界のような可愛いパッケージ
秋になると「小さい秋見つけた!」どんぐり拾いに夢中になった昭和の時代。
箱の中には、ころころどんぐりが沢山入っており、思わず嬉しい悲鳴♪

  

森のどんぐりとは

森のどんぐりは、1977年に森永製菓から販売されていた名前も見た目も、どんぐりそのまま?のチョコレートスナックでした。
(昭和に終売)
森のどんぐり 森永製菓

ころころ可愛いどんぐりの形をしたチョコレートが『森のどんぐり』

 

森永 もりのどんぐり 中身

チョコでくるまれたどんぐりの中味はクッキーで、サクサクとした食感がおいしいチョコレートスナック菓子でした。

 

森永 森のどんぐり

森のどんぐりの発売当時の価格は130円。
当時にしては、ちょっとお高かったかもしれません。
でもその分、ボリュームもあり可愛い製品でした。

森永製菓は、1970年代に自然環境保護の時代を先取りした企業であり、森のどんぐりの他にも小枝もこの時期に登場し、今では森永製菓を代表する製品の1つです。

 

森永 小枝(昭和時代)
森永 小枝 昭和時代の製品画像
昭和 懐かしいチョコレート:森永製菓 小枝
小枝の全てが好きでした。パッケージ、チョコレート本体、ボリューム。昔の小枝はひと箱食べると晩御飯が食べられないくらいボリューム満天でした...

 

1970年代の日本高度経済成長期。経済の伸びと同時にいち早く環境も考慮し、製品に適用させているというのは素晴らしい!森永製菓の企業のスタンスに共感です。

どんぐりころころ昭和の可愛いチョコレートスナック菓子
森永製菓 森のどんぐりご紹介でした。
他にも懐かしい製品をご紹介しています。
森永製菓 昭和なつかしい製品記事
タイトルとURLをコピーしました