昭和のキットカットは大判振る舞い

キットカット 昭和チョコレート

常に身近なところにあるチョコレート。それがキットカット。昭和の時代のキットカットは銀紙に包まれ、ずっしりと重かった~

スポンサーリンク

長く愛され続ける
ネスレ キットカット(KitKat)

ネスレ キットカット 昭和の製品画像

キットカット 昭和時代の製品画像
ipadで描きました

 

キットカットの昭和時代のデザインは、とってもシンプル。
このシンプルさが味わいあって良いわけです。

キットカット(KitKat)とは

キットカットは、1973年にイギリスのロントリー・マッキントッシュ社と提携した不二家から発売されていましたが、その後、1989年にネスレと不二家の合弁企業「ネスレマッキントッシュ」2010年にネスレ日本に吸収されました。

この記事のキットカットは、1970年代、1980年代のキットカットをipadで描いています。

昭和のキットカットは、銀紙に包まれており、さらにパラフィン用紙に包まれていて、ずっしり重かったです。
当時はチョコレートが4本つながっていて、パキっと折りながら食べていたのが懐かしいです。

 

キットカット 昭和の画像

キットカットは、パキっと♪
昔のキットカットは、長かったですね。

 

キットカットって、昭和の時代はずっしり重く、チョコレートの味も濃厚で、ずいぶんと食べ応えがあった記憶があります。キットカット食べた後、ご飯がはいらないかったですから(笑)

キットカット 昭和なつかしいCM

不二家 キットカット CM 宮沢りえ&後藤久美子

 

こちらのCMは豪華!
なんと、宮沢りえと後藤久美子が二人そろって、キットカットのCMに出演していた超~貴重映像!
こんな組み合わせは、もう二度と見ることができないかもしれませんね。

時代を超えても愛されるキットカット。
飽きのこないチョコレートは、これからもお世話になります。
ネスレ キットカット(KitKat)のご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
昭和なつかしいチョコレートの記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました