昭和の高級チョコレート:森永 ハイクラウン

昭和の高級チョコレート:森永 ハイクラウン 昭和チョコレート

ちょっと大人向けだった昭和の高級チョコレート森永ハイクラウン。パッケージが渋くてかっこいい!こんなデザインに仕上げるなんて、当時のデザイナーさんは粋でしたよね~。

スポンサーリンク

昭和の大人なチョコレート
森永ハイクラウン(HI-CROWN)

 

森永 ハイクラウン チョコレート 昭和当時の製品画像

森永製菓 ハイクラウン  昭和時代の製品画像イラスト
ipadで描きました

 

今では考えられないですが、昭和はタバコのパッケージを模したお菓子を製菓会社が販売することが多かったのです。ハイクラウンもシガレット風パッケージのチョコレート。
海外から輸入された製品かのようにオシャレです。

森永ハイクラウンとは

森永ハイクラウンは、森永製菓から1964年から販売されていた高級輸入タバコをイメージしたパッケージの「ハイ・クオリティーチョコレート」で、特に大人に人気があり一世風靡した伝説のチョコレートでした。森永ハイクラウンは「ミルクチョコレート」「カシューナッツ」「チョコクランチ」と3種類ありましたが、昭和でこの品揃えはなんとも贅沢。

カシューナッツなどという存在自体がレアな時代でしたからね。

しかし、今でも市販でこんな高級感ある贅沢な」チョコレート少ないですよね。
パッケージと素材にこだわっただけあり、価格も当時価格としてはお高めの210円でした。

おまけのカードがついており、今でもコレクターたちにとっては憧れの製品です。

高級チョコレート 森永ハイクラウンのラインナップ

記事
ハイクラウン ミルクチョコレート

 

記事
ハイクラウン カシューナッツチョコレート

 

記事
ハイクラウン フィネスト クランチ

3種ともデザインは統一されているものの、色づかいやロゴがかっこいいです。
ハイクラウン同様に、昭和のデザイナーさんもハイクオリティー

ハイクラウンは、昭和時代に終売となっているのですが、

なんと!嬉しいことに50年の時を経て、ハイクラウンが販売されていました。

こちらが現代の森永ハイクラウンです。

森永製菓 ハイクラウン

おっしゃれ~♪

素敵です!種類もたくさんあって、これはハイクラウンを知っている世代にも、そうでない世代にももらったら嬉しいですよね。

森永ハイクラウンが買えるのは、東京と神戸にお店があります。

●STATION Labo(東京駅構内 地下1階 グランスタ)

●渋谷スクランブルスクエア1F

●NEWoMan新宿(2階 エキナカ)
●大丸神戸店

ネットからですと森永製菓の公式ページで購入できますよ。

現代のハイクラウン 森永公式ページ

 

森永ハイクラウンが販売されていた当時は子供でしたので、食べた記憶はあまり無いのですが、懐かしいと感じることは身近にはあったのでしょうね。

ちょっと大人な昭和の高級おしゃれチョコ
森永ハイクラウンのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
森永製菓 昭和なつかしい製品記事

 

コメント

  1. あけぶー より:

    わたしが子供の頃、父がパチンコの残り玉で、いつもハイクラウンチョコを持って帰ってくれました。懐かしくてまた食べたいです。今は美味しいチョコが沢山ありますが、私にとっての一番のチョコは、やっぱりハイクラウンです。

    • trocco より:

      あけぶーさん

      懐かしい思い出のコメントありがとうございます。
      ハイクラウンは、昭和の思い出チョコレートですよね。
      わたしも当時は子供でしたが、ハイクラウンを手にした時は、少しだけ大人気分になりました(^^)

タイトルとURLをコピーしました