平成のノンシュガー紅茶:アサヒ Teao(ティオ)

平成のノンシュガー紅茶:アサヒ Teao(ティオ) アサヒ飲料

ノンシュガー、ノンカロリーが特徴であったアサヒのTeao(ティオ)。赤い缶が特徴で、発売当時は結構飲んでいました。今は無くなってしまったのが残念。

スポンサーリンク

インド人もたまげた!
アサヒ飲料 Teao(ティオ)

アサヒ飲料 ティオ(Teao) 発売当時の製品画像

アサヒ Teao(ティオ)発売当時の製品画像イラスト
ipadで描きました

 

アサヒ Teao(ティオ)は、紅茶の葉をゴールドで形作り、ちょっと渋めの赤をベースとした綺麗なデザイン缶でした。
ノンシュガーストレートティーというのも女性には嬉しかった~

 Teao(ティオ)とは

アサヒ Teao(ティオ)は、1995年(平成7年)にアサヒビールからノンシュガー紅茶として発売されていた紅茶飲料でした。当時甘めの缶紅茶が多く発売されていた中で、ティオの特徴は、ノンシュガー、ノンカロリー、しかし、後味がほのかに甘い!そんな製品でした。

アサヒ ティオ ノンシュガー、ノンカロリー

さらには当時人気女優であった財前直美さんをCMに起用し、カロリーを気にする若い女性をとりこにしました。

女性たちの心をとりこにしたティオは、人気を博し、ストレートティー、レモンティー、ミルクティーとラインナップを増やしていきました。

 

アサヒ ノンシュガー紅茶ティオ
アサヒ Teao(ティオ) ストレートティー
アサヒ ティオ レモンティー ミルクティー
アサヒ Teao(ティオ) レモンティー、ミルクティー

紅茶飲料の競争が激化する中、ティオでも競合との闘いが厳しく、一度終売したのですが、2010年(平成22年)ふたたび「ティオ(TeaO)」として復活販売されました。

しかし、飲料の世界は厳しく、最初に発売された頃のティオとは異なり、世に大きなインパクトは広く伝えられず、再び終売となりました。

 

缶やペットボトルの紅茶飲料は味のインパクトを出すのは難しいですよね。紅茶は香りも大切なので、出来たてのあの紅茶の風味は飲料会社も四苦八苦だと思います。

 

アサヒ Teao(ティオ)懐かしいCM

アサヒ飲料 紅茶ティオ(Teao) 財前直美 CM 1996

 

平成の始めは財前直美さん輝いていました。
まゆげがキリリとした和風美女。そんな彼女が推すティオだから、それは飲みましたとも(苦笑)

平成のノンシュガー紅茶飲料をけん引した
アサヒ Teao(ティオ)のご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
アサヒ飲料 なつかしい製品記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました