昭和に大ブームを起こしたお酒 サントリー タコハイ

サントリータコハイ サントリー

サントリー タコハイは一斉を風靡した缶チューハイです。当時わたしはお酒が飲めない年齢でしたが、これ知っていました。女優の田中裕子さんと、キャラクターのタコによってその認知度は爆発的でしたからね。

スポンサーリンク

懐かしい焼酎のお酒
サントリー タコハイ

サントリー タコハイ 昭和の製品画像

サントリー タコハイ 発売当時の製品画像
ipadで描きました

 

タコ可愛すぎ。現代だとお酒製品には、こんな可愛いキャラクターはNGでしたが、昭和はありでした(苦笑)わたしは当時こどもでしたが・・・コレしっかり覚えています。

 

サントリー タコハイとは

タコハイは、サントリーから1983年に販売されていた甲類焼酎を炭酸で割った缶入りの低アルコール飲料でした。(製品は終売しています)

このタコハイが発売されるには、サントリーの事情にマーケティング戦略をうまく掛け合わせました。

 

1980年代の居酒屋ブーム、酎ハイブームを背景に、サントリーが開発した製品。当時、サントリーは焼酎の製造免許を取得していなかったため、実際は甲類焼酎の「サントリー樹氷」をスピリッツ規格の「マイルド・ウォッカ」と称して販売していた。

このため焼酎をベースに炭酸で割ったハイボールである「酎ハイ」との差別化と、樹氷の消費拡大を狙って「タコハイ」の名称で飲み方を提案し、缶入り飲料を発売した。

当初は「サントリー樹氷 タコハイ」という名称だったが、のちに1993年、焼酎の製造免許を取得すると「サントリータコハイ」に変わった。

引用:wikipedia

 

更にタコハイの知名度を上げるのがCM出演していた田中裕子さんと、タコハイのキャラクターの「タコ」でした。

サントリー タコハイ 田中裕子さんのCM

田中裕子さんは、お酒が合って色っぽかったです。
(田中裕子さんは、ジュリーこと沢田研二さんの奥様です。)

サントリーというと、ウイスキーのサントリーリザーブCMの大原麗子さんも、お酒をうまく演出していましたね。
サントリーは昭和時代のCM女優さんの選定がとてもうまかったです。

さて、田中裕子さん以外のタコハイのもう一人(?)のキャラクターが、

 

サントリー タコハイ 可愛いタコのキャラクター

タコです。可愛い(笑)

現代では、お酒のCMでこのようなキャラクターを使うことは避けられていますが、昭和時代はお酒にもキャラクターが使われていましたね。

 

サントリー タコハイ タコのキャラクター

こちらはわたしがタコハイのキャラクターをipadで模写してみました。
後ろ姿もかわいいです(笑)

サントリーでいうと、ビール製品で使われたパピプペンギンズも可愛いキャラクターでした。

パピプペンギンズ:サントリーCANビールの記事はこちら

 

サントリー タコハイ 250ml缶

昭和当時は250ml缶があったのですね。
焼酎でレモンライムというのが斬新です。

 

サントリー タコハイ ラインナップ

タコハイは人気を博し、ラインナップがこんな沢山発売されました。
わたしは当時は子供だったため、タコハイが飲めなかったのですが(苦笑)人気だったのですね。

 

サントリー タコハイ ライト

 

更にはタコハイライトまで。
ここで言うライトは、今でいうダイエットの意味のライトでは無く、アルコール量少な目という意味合いです。

 

今まさに飲んだことの無いタコハイの記事を書いたわけですが、余計飲んでみたい~。復刻希望です!

サントリー タコハイ なつかしい80年代CM

サントリー 樹氷CM 

タコハイCMの田中裕子さんが、とにかく色っぽい。
サントリーは女優選びが秀逸です!

飲んでみたかったタコハイ
そろそろだいぶ経ちますから、サントリーさん!
タコハイ復刻いかがでしょうか?
サントリー タコハイのご紹介でした。

【新神泡体感キット】 ザ・プレミアム・モルツ 香るエール 『19年新型電動式神泡サーバー』&『オリジナルジョッキ』付き [ 350ml×24本 ]

 

 

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
サントリーのなつかしい製品記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました