美しくインパクトあった平成の烏龍茶:キリン 鳳凰

キリン 烏龍茶 鳳凰 イラスト画像 飲料

烏龍茶と言えば茶色のイメージですが、キリンの鳳凰が販売された時は、白い缶で「おぉ!」とインパクトありました。

スポンサーリンク

白い缶のウーロン茶がインパクトありました
キリン 鳳凰

キリン 烏龍茶 鳳凰 当時の製品イラスト画像

キリン 烏龍茶 鳳凰 イラスト画像
ipadで描きました

飲料の缶デザインには興味があり、いろんな製品デザインをながめることも多々あるのですがキリンの鳳凰は綺麗な缶だったな~といまだに思います。

 

烏龍茶 鳳凰とは

鳳凰は、1993年(平成5年)にキリンビバレッジから販売されていた烏龍茶です。

烏龍茶と言えば、なんと言ってもサントリー!
1981年サントリー烏龍茶が誕生して以来、サントリーが一強で烏龍茶を販売していたのですが、そこに対抗すべくキリンが渾身こめて開発・販売したのがキリンの烏龍茶の鳳凰でした。

 

キリン鳳凰のデザイン・味

サントリーの烏龍茶が茶色ベースの缶であったのに対し、キリンの鳳凰は白い缶
鳳凰というその名の通り高貴で気品ある印象で、日本人の烏龍茶のイメージを払拭させたデザイン缶。
これはインパクトがありました。

 

昭和ガール
昭和ガール

烏龍茶なのに白い缶?
それだけでインパクトがあり、鳳凰の登場は印象に残っています。

 

こういうのを常識を覆すというのよね。
烏龍茶で白って、キリンの開発考えた人すごいわ。

 

キリンの鳳凰の販売戦略の上手さは缶デザインだけでは無く、まだまだあります。
烏龍茶といえば、ちょっと渋みやえぐみがあるお茶ですが、

キリン 鳳凰 鈴木保奈美
だんぜんスッキリが新しい。

こんなキャッチの元、渋みを抑え、飲みやすくした烏龍茶が鳳凰でした。

 

昭和ガール
昭和ガール

渋い烏龍茶をすっきりしとした飲み心地にし、飲みやすい飲料として常識を覆そうとしたのもスゴイですね。

 

キリン鳳凰のプロモーション

製品のデザイン・味ときたら、次はプロモーションです。

鳳凰のCMには、当時ドラマの影響で女優として人気絶好調であった野際陽子さん、鈴木保奈美さんを嫁姑の役で起用しCMも話題となりました。

 

 キリン 鳳凰CM

まさに1992年に野際陽子さんが出演していたマザコン息子である冬彦さんブームとなった『ずっとあなたが好きだった』のドラマヒットの直後。

そんな中、鳳凰のCMコンセプトも嫁姑でクラインクインしたのでした。

 

野際陽子さんと言えば、もうこの頃には、怖い姑という印象だったので、鳳凰のCMでも嫁姑の間でなにか起きる!とみんなが釘付けだったわよね。

 

ということでキリンの鳳凰は大ヒット製品となったのでした。

烏龍茶ブームの終焉

しかし、そのブームも長くは続かず・・・
烏龍茶の売り上げは、2002年頃から緑茶に抑えらえれ、短い烏龍茶ブームは幕を閉じ、鳳凰も終売となりました。

 

茶飲料の売り上げ推移

烏龍茶の売上推移 グラフ引用:wikipedia

 

昭和ガール
昭和ガール

緑茶時代は、急にやってきて、一気に市場拡大しましたね。

鳳凰は終売しましたが、2005年に鳳凰を継承したキリン烏龍茶 極烏(ごくう)が発売され、現在に至ります。

キリン 極鳥(ごくう) 烏龍茶

キリン 極鳥
いまでも買えます

 

キリン極鳥は、地味だけれども2005年から販売されていますので、何気にロングセラーです。
しかし、見た目はオーソドックスな烏龍茶の茶色のパッケージになっています(苦笑)
実際の消費者の販売行動を見ていくと、やはり原点に戻っていくものでしょうかね。

美しくインパクトあった平成の烏龍茶
キリン 鳳凰のご紹介でした。

 

他にキリンの懐かしい製品をご紹介しています。
キリン懐かしい飲料

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました