懐かしい紅茶飲料:サントリー Pekoe(ピコー)

サントリー Pekoe(ピコー) サントリー

ピコーのCMが流れてくると思わず見入ってしまいハッピーな気分になりました。紅茶の缶デザインも雑貨屋さんみたいで可愛い紅茶飲料でした。

スポンサーリンク

昭和の懐かしい紅茶飲料
サントリー Pekoe(ピコー)

 

サントリー ピコー なつかしい製品画像

サントリー Pekoe(ピコー) 販売初期の製品画像

サントリー Pekoe(ピコー)とは

ピコーは、サントリーから1993年より2001年まで販売されていた紅茶飲料です。
ピコーの商品名の由来は、茶葉である「オレンジ・ペコ」から「ペコ」が商品登録の問題上使えなかったため「ピコー」と名付けられました。

ペコより断然ピコーの方が可愛いくて、愛着が湧く製品名です。

サントリー ピコーと言うと、とにかくCMが秀逸!
テンポ良いピコーのテーマソングが流れた後、登場するがいこく最後は「ピコー!」と一声あげるのが特徴でした。

ピコーCMテーマソング(英語)

Peter paid the piper to pick some pickled peppers,
so merry we will go, so merry we will go.
Shelly’s selling seashells, she sells them by the seashore,
so merry we will go, so merry we will go.
Timmy tell the teacher, a tick a tock it’s tea time,
so off and tallyho, so off and tallyho.
ピコーのテーマソングは、英語の早口言葉だそうです♪

サントリー紅茶飲料 ピコー 1980年代CM

サントリー「PEKOE」1

可愛い!とにかく可愛い♪
こんなに陽気でハッピーになるCMは、なかなかないです。

とにかくハッピーになる紅茶
紅茶の缶デザインも洗練されて今風です。

あのCMをもう一度!
サントリー  紅茶飲料 Pekoe(ピコー)のご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
サントリーのなつかしい製品記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました