また戻って来てね!森永チョコフレーク2019年終売

森永チョコフレーク 昭和チョコレート

チョコフレークは残念ながら終売となってしまいました。でもまた復活するような気がして楽観的な気持ちで待ってま~す!いつでも戻ってきてね。

スポンサーリンク

昭和が生んだ名物チョコレートスナック
森永チョコフレーク

記事
森永チョコフレーク 昭和当時の製品画像
ipadで描きました(無断利用禁止)

 

近年のチョコフレークは袋パッケージのものが主流でしたが、オリジナルは箱入りでした。
この箱型のチョコフレークを思い出すと、それは昭和!
この箱を何度見たことか・・・(懐かしい)

 

森永チョコフレークとは

森永チョコフレークは、1967年より森永製菓より販売されていたチョコレートとコーンフレークを組み合わせたスナックチョコレートでした。

昭和 森永チョコフレーク100円

昭和時代は箱入りチョコフレークが定番。当時価格は100円でした。
森永チョコフレークは、濃厚なチョコレートがコーンフレークにたっぷりかかっており、たまにダマになっていたのですが、それがまたおいしかった~

 

森永チョコフレーク 平成

時を経て、時代が移り変わると、箱入りよりも袋入りの方が定番に変わりました。
箱はちょっとかさばるからでしょうかね。わたしは箱入りの方が好きでした。

森永チョコフレーク2019年生産終了

昭和発売から50年以上もの長きに渡って愛されてきた森永チョコフレークですが、2019年中に生産終了となります。

生産終了の理由は、

森永製菓は、終売理由を「スマートフォンの普及で手が汚れるお菓子が敬遠された」と多くのメディアが伝えたが、それだけではない。例えば「今は冷蔵で販売されるシュークリームやカップデザートなどの『チルド商品』が増え、スナック菓子の競合になりました」(森永製菓広報)

森永製菓公式 チョコフレーク生産終了

森永チョコフレークの終売報道がされた時は、SNS等で多くの人から惜しまれる声が発信されていました。

 

森永チョコフレーク生産終了という報道を目にしたときは、とても残念な思いになったのですが、なぜか?いつか復活するという期待が多く、また会おう!という気持ちにすぐ切り替わりました。

森永チョコフレーク 懐かしいCM

懐かしいCM 1989年 荻野目洋子CM森永チョコフレーク
荻野目洋子さんが初々しい1989年の森永チョコフレークCM

このお菓子はきっと永遠!また会おう
森永チョコフレークのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
森永製菓 昭和なつかしい製品記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました