昭和の懐かしいキャンディ:不二家ノースキャロライナ

不二家 ノースキャロライナ  不二家

かつて販売されていた不二家の可愛いキャンディ
ノースキャロライナ。
海外のキャンディみたいなデザインキャンディでした。

スポンサーリンク

ぐるぐる可愛いキャンディ
不二家ノースキャロライナ

不二家ノースキャロライナ 昭和の製品イラスト画像

不二家ノースキャロライナ 昭和の製品画像
ipadで描きました

 

キャンディはパッケージや包み紙も大切だけれども、実はキャンディ本体そもそものデザインも楽しいものだったらより良いですよね。
そんなソフトキャンディが不二家のノースキャロライナでした。

 

ノースキャロライナとは


ノースキャロライナは、1968年(昭和43年)から1995年(平成7年)まで不二家から販売されていた渦巻き模様が可愛いソフトキャンディ(ヌガーキャンディ)でした。

不二家 ノースキャロライナ 昭和のイラスト画像

ご覧の通り、全て英語で書かれているため、このキャンディの名前が分からなくて「あのぐるぐるキャンディー」と呼んでいた記憶があります(笑)

 

ノースキャロライナは、いちご、メロン、チョコレート味があり、渦巻模様を中心にデザインも楽しいソフトキャンディでした。

不二家 ノースキャロライナ 渦巻キャンディ
ソフトキャンディですから、ちょっとずつ柔らかくなり、かめば噛むほどいろんだ味が楽しめてとてもおいしかったんですよ。

しかし、不二家ミルキー同様に噛んでいるうちに歯の詰め物が取れてしまう事しばしば(苦笑)
そんな思い出もあるノースキャロライナです。

 

昭和キャンディと言えば不二家

不二家は昭和はキャンディ製品に力をいれていた時代でした。

かつての雑誌広告を見てみたら、

不二家キャンディ 昭和の広告

なぜ不二家キャンディは虹のドレスを着ているのか

ノースキャロライナをはじめ、
いろいろなおいしさがあります。
どれも虹のような縞模様が目じるし。
1袋100円

 

昭和ガール
昭和ガール

素敵なキャッチですね。
言われてみれば、不二家キャンディはパッケージデザインはしま模様ですものね。こういうのはずっと引き継いでもらえたら良いですね。

 

1袋100円!
こんなたくさんの種類があったのね~
昭和の不二家楽しい♪

 

また復活販売してくれると嬉しいな♪
不二家 ノースキャロライナのご紹介でした。

 

他にも昭和の懐かしい製品をイラストでご紹介しています。
昭和の懐かしい不二家のお菓子

 

 

 

【昭和レトロ 料理の本】パンとケーキとクッキー | 昭和レトロな雑貨と本屋 powered by BASE
ご覧いただきありがとうございをます。昭和のお菓子レシピ本パン、ケーキ、クッキーなど、今となっては逆に新しく感じるお菓子のレシピが満載です。□年・ページ数昭和48年66ページ□状態昭和48年発売の古い本のためヤケ、シミ、ヨゴレなどがありますこと予めご了承の上、ご購入ください。※注意事項出品商品は古本となります。古い本に抵...

コメント

タイトルとURLをコピーしました