中からとろ~りチョコレート:サクマ チャオ

昭和のサクマ チャオ 昭和キャンディ・飴

昔からあるキャンディー サクマのチャオ
忘れたころに食べたくなる懐かしい味です。

スポンサーリンク

中がお楽しみ♪
サクマのキャンディ チャオ

昭和のキャンディ チャオ

サクマ チャオ 昭和時代のイラスト画像
ipadで描きました(無断利用禁止)

 

赤い包み紙にくるまれたキャンディーチャオ
名前がシンプルなのと、そのロゴが結構好きな製品です。

 

懐かしいキャンディ チャオとは

チャオ(Ciao)は、1964年(昭和39年)にサクマドロップでお馴染みの、サクマから販売されているロングセラーのキャンディ。

こちらは昭和時代のチャオです。

サクマ 昭和のチャオ

 

昭和ガール
昭和ガール

これこれ!懐かしい~

 

 

昭和39年とは!
チャオって、たまに見かけるけれども随分と歴史があるのね。

 

 

 

昭和ガール
昭和ガール

昭和のキャンディと言えば、袋の中にこれでもか~!と言うくらいキャンディが詰まっていたので、1袋買うとなかなか無くならずお得感まんさいでしたよね。

 

 

チャオは中身がお楽しみ♪

チャオと言うと知らない世代の人たちも多くいるかと思うので、どんなキャンディか中身をご紹介しますね。

包み紙を開くとこんな見た目のキャンディが出てきます。

サクマ チャオ キャンディ中身の解説図
外はお砂糖ベースの大粒ハードキャンディで、中にはチョコレートが入っています。

ハードキャンディーをなめるのには、それなりに時間がかかるわけですが、ゆっくりゆっくり舐めていくと中のビターチョコレートが口の中で温められ、ようやくチョコレートに到達すると、

とろ~りととろけたチョコレートが出てきます。

 

 

そうそう!
時間はかかるけれども、チョコレートが出てくるまでがチャオの楽しみなのよね。

 

 

 

昭和ガール
昭和ガール

このチョコレートが出てくるまでの瞬間を楽しみたいために、次から次へと食べてしまうのがチャオの魔法

 

 

次から次へと食べてしまうサクマ チャオ

 

そうです!キャンディーを食べたいというより、中のチョコレートが食べたい!
そんな楽しみ方が出来るキャンディが、チャオです。

チャオは、一時は消えかけましたが、復刻版としては今ではネット、100均などで販売されていますので、もし見かけることがあれば懐かしく楽しんでみてくださいね。

 

チョコレートを楽しむロングセラーキャンディ
サクマ チャオ(Ciao)のご紹介でした。

 

 

他にも昭和の懐かしい製品をご紹介しています。
昭和の懐かしいキャンディ・飴

 

Amazon | サクマ製菓 チャオ復刻版 50g×10袋 | サクマ製菓 | あめ・キャンディ 通販
サクマ製菓 チャオ復刻版 50g×10袋があめ・キャンディストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

【昭和 手芸の本】ONDORI 手芸シリーズ ぬいぐるみ | 昭和レトロな雑貨と本屋 powered by BASE
ご覧いただきありがとうございます。★昭和のぬいぐるみ★希少で、今となっては新しく感じるぬいぐるみ手芸の本です。見ているだけで思わずニンマリしてしまうとても可愛い本です。あらゆる作家さんが自慢のぬいぐるみデザインを紹介しているため、テイストも様々でいろんなアイデアが詰まっています。型紙も付いているため原寸で制作がしやすい...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました