昭和のデザインが秀逸!明治 チェルシー

明治 チェルシー 明治製菓

外人の女の子がつたない日本語でいう台詞「あなたにも分けてあげたい」。この言葉に優しさが一杯~!昭和に生まれた日本のスカッチキャンディーであるチェルシーは、海外の人達にも楽しんでもらいたいですよね。

スポンサーリンク

長く愛され続ける
明治 チェルシー

明治 チェルシー 昭和の製品画像

チェルシー 昭和時代の製品画像
ipadで描きました

 

昭和のチェルシーのデザインはアートだと思います。
このデザインのバランスも絶妙で、幼い頃からこのパッケージが大好きでした。

チェルシーとは

チェルシーは、1971年に明治製菓から発売されて以来、いまだ愛されるロングセラーのキャンディです。
味の種類は、ご存知、バターススカッチ、ヨーグルトスカッチ、コーヒースカッチの3種類あるのですが、1971年発売当時は、バターススカッチ、ヨーグルトスカッチの2種類でスタートしました。

そうそう、コーヒースカッチは、1975年に追加されましたので、発売から4年後に仲間入りしましたんですよね。

 

明治 チェルシー 昭和の広告

その後、この3つの人気フレーバーが長きに渡って人気定番となっています。
森永チェルシーの良いところは、この定番を貫くという点が好きです。
時にブランドを利用して、様々な味を出す販売戦略を企業は取ったりするのですが、不動の3つのスタンスは続けるぞぉ~!というスタンスがチェルシーブランドの良きところでもあると思います。

ところで、スカッチとは?

チェルシーのフレーバーは、バターススカッチ、ヨーグルトスカッチ、コーヒースカッチと必ずスカッチが付きますが、スカッチって何でしょうか?

チェルシーは、英国スコットランドの古くから伝わるスカッチキャンディーから来ているのですが、略してスカッチではなく、工程上、高温で煮詰めるという言葉(Scorching=スコーチング)から来ているそうです。

チェルシーデザインには、3つの候補があった?!

明治 チェルシー 昭和デザインの3つの候補

断然Aですよね(苦笑)
B案とC案は、いかにも昭和~というデザインですね。
チェルシーがA案でよかった。

チェルシーパッケージをipadで模写

昭和チェルシー 昭和のパッケージ

チェルシーのパッケージデザインは秀逸ですよね。今買えるチェルシーは、このデザインではないのですが、昭和のものと今のもの、どっちがお好きですか?

 

今のチェルシー パッケージデザイン

現代のチェルシー パッケージデザイン

今のチェルシーパッケージと昭和時代のパッケージの違いは、お気づきですか?
今のパッケージデザインは、昭和と比べて、チェルシーの特徴であった黒ベースの面積量が減って、箱の中抜き(中のチェルシーが見えている)も無くなりました。

 

今と昔のチェルシー デザイン違い

今のパッケージデザインもいいけれども、パソコンで描いた感があるので、個人的には、人が描いたであろう昭和時代のチェルシーパッケージの味わい深いデザインや印刷の仕方の方が好きです。

明治チェルシー 昭和なつかしいCM

明治チェルシーのCM(1979年)

あなたにも分けてあげたい

う~~ん!染み入るなつかしさ!
やさしいCM。

時代を超えても愛される優しいキャンディー
明治チェルシーのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
明治製菓 昭和なつかしい製品記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました