懐かしいキャンディー:不二家 フルーツドロップ

不二家 フルーツドロップ 不二家

幼い頃、不二家のフルーツドロップには、とてもお世話になっていました。ちなみにドロップとキャンディの違いは分かりますか?
記事の中に答えがありますよ。

スポンサーリンク

昭和から販売されている懐かしいドロップ
不二家 フルーツドロップ

不二家 フルーツドロップ 昭和の製品画像

不二家 フルーツドロップス 昭和発売当時の製品画像
ipadで描きました

カラフルなドロップが描かれたこの箱。
幼い頃、よく食べていました。
パッケージのドロップの色と、実際に箱から出てくるドロップの色を見比べながら楽しんでいたんですよね~

不二家フルーツドロップとは

フルーツドロップは、不二家から販売されていた様々なフレーバーの入ったキャンディでした。
パッケージのデザインが良かったのですよね~。

(現在は販売されていません)

ところで、最近ドロップなどという言葉を聞かなくなりましたが、

キャンディーとドロップの違いは?

キャンディーもドロップも「飴」を表す言葉と思わていますが、違いがあります。

キャンディは、砂糖や水あめを煮詰めてから冷やして固めたものです。
飴の総称をキャンディと言います。●140~160℃の高温で煮詰めたものをハードキャンディ
●100~125℃の中温で煮詰めたものをソフトキャンディ

ドロップ(英語: drop)はハードキャンディであり、キャンディーの一種となります。

不二家で有名なポップキャンディは、ソフトキャンディに属します。

そういえば、確かに不二家のフルーツドロップは、最後の方は噛めなかった記憶が・・・
サクマドロップなどは、飴の最後の方はガリガリ噛めるので、ソフトキャンディなのでしょうね。

さて、そんな不二家ドロップですが、近年のパッケージのデザインは以下のようになりました。

不二家ドロップ 製品画像
う~ん、今時な感じですね。
昭和時代のあの素敵なパッケージの面影は全くありませんね・・・現在は、このフルーツドロップも終売しているようです。
(残念)

とにかくパッケージが良かった不二家 フルーツドロップ。
あの箱見ると、きゅんきゅんします。

今となっては、あのパッケージが懐かしい限りです。
不二家さん、復刻パッケージでぜひ再販してください!
不二家 フルーツドロップのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
不二家 昭和のなつかしい製品記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました