昭和から50年愛されるキャンディ:カンロ ナッツボン

カンロ ナッツボン 昭和キャンディ・飴

カリカリっとした食感がおいしいナッツボン。50年以上のロングセラーで昭和から愛されるナッツクランチです。

スポンサーリンク

愛されて50年以上!
カンロ ナッツボン

カンロ ナッツボン 昭和の製品画像

カンロ ナッツボン 昭和の缶デザイン
ipadで描きました

 

光沢のある赤い缶にギッシリ詰まったナッツボン。
何気にそのロゴも丸っこくて、可愛い。
これはデザイン的にも隠れた名作です!

ナッツボンとは

ナッツボンは、1968年よりカンロ株式会社から販売されている50年以上愛されている超ロングセラー商品で、焙煎したピーナッツをローストキャラメルで包み込んだカリッと香ばしいナッツクランチです。

ローストキャラメルが香ばしく、甘みもあるため、コーヒーにぴったり!
ほっと一息つきたいときに、癒しを与えてくれます。

 

ナッツボン おいしさの秘密 3層構造

ナッツボンのおいしさは、3層構造にあります。
外側はカリっと歯ごたえが良いキャンディー層
ローストピーナッツが練り込まれたキャンディー層。
そして、焙煎されたピーナッツが出てきます。

この3層のハーモニーによって、噛んだ瞬間からカリカリっと♪
ピーナッツの形も可愛いですね。

 

カリカリ食感と、じわーーっと来る甘みが、甘いものを食べたい時に癒しを与えてくれるナッツボン。一度手にしたら止まりません!

発売されて50年以上の歴史を誇る
まだまだ愛され続けるナッツクランチ
カンロ ナッツボンのご紹介でした。

 

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
昭和なつかしいキャンディ・飴の記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました