大正時代から愛されるロングセラー:おしどりミルクケーキ

おしどりミルクケーキ お菓子

お土産でよく目にすることがある人も多いのではないでしょうか。
山形県を代表するお菓子です。

スポンサーリンク

変わらないレトロパッケージ
おしどりミルクケーキ

おしどりミルクケーキ イラスト画像

おしどりミルクケーキ
ipadで描きました

レトロパッケージのおしどりミルクケーキ
黄色とオレンジの色合がなんとも昭和で、線画のイラストも可愛いですね。
大正時代からあるロングセラーのお菓子です。

 

おしどりミルクケーキとは


おしどりミルクケーキは、山形県にある日本製乳という会社が製造しているバー状のミルクキャンディ。

日本製乳は、1919年(大正8年)に創業された老舗企業で今は森永乳業の子会社となっています。

もともとは国産初の粉ミルクを製造していたのですが、副産物にお砂糖を入れてみたところ、おいしかったため、ミルクケーキが出来上がったそうですよ。

 

昭和ガール
昭和ガール

おしどりミルクケーキは知っているけれども、日本製乳という会社が作っているのは初めて知りました。
大正からある老舗なんですね。

 

おしどりミルクケーキは、牛乳で出来ているので、たんぱく質、カルシウムが豊富に含まれており「食べる牛乳」として全国で人気のキャンディ。

おしどりミルクケーキ

おしどりミルクケーキだけ聞くと「それは何?」と思うかもしれませんが、このパッケージを見ると「あぁ~!これね」と感じる方も多いのではないでしょうか。

確かにこれ知っている!
お土産なんかでもいただくこと多いよね。

 

おしどりミルクケーキという名前の由来は、おしどりのように生産者と販売者が力を合わせ、「日本の新しい食文化をつくる」との願いを込めて名付けられたそうです。

 

おしどりミルクケーキどんな味?

山形のおみやげとしても人気のおしどりミルクケーキ
1袋220円くらいですので、その価格のお手軽さも良いですよね。

おしどりミルクケーキは、見た目は薄い板状で、乳白色のいかにも牛乳で出来たお菓子

 

昭和ガール
昭和ガール

見た目からしておいしそう!
牛乳感がありますね。

おしどりミルクケーキ 中身

見た目からサクッとした食感かな・・・?
と思いきや、想像していたより硬い(苦笑)
(歯の弱い方はお気を付けください)

 

昭和ガール
昭和ガール

おしどりミルクケーキはちょっと硬いので、歯の悪い方はお子さんは、割って、少しずつ食べるのも良いですね。

 

おしどりミルクケーキのお味は濃厚なミルク味で、噛めば噛むほどミルクが濃く感じて、1本で満足が高いのですが、一度食べたら次に手が出て、また次へと・・・エンドレスにハマってしまいます。

おしどりケーキは、ミルク味以外にも、様々な味があります。
その種類は、

いちご、抹茶、コーヒー、チョコレート、ヨーグルト、カマンベールチーズ味、ブルーベリー、メロン、ラ・フランス、さくらんぼ

と、数多くのラインナップ!

 

すごい種類の数!
どの味にしようか迷っちゃうわね。

 

おしどりミルクケーキは、お土産や普段おいしくいただく以外にも登山・ハイキングの携帯食、保存食としても販売されているので、生活にいろいろ活用できますね。

大正時代からのロングセラー
おしどりミルクケーキのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をイラストでご紹介しています。
懐かしいキャンディ・飴

 

 

【昭和レトロ 料理の本】パンとケーキとクッキー | 昭和レトロな雑貨と本屋 powered by BASE
ご覧いただきありがとうございをます。昭和のお菓子レシピ本パン、ケーキ、クッキーなど、今となっては逆に新しく感じるお菓子のレシピが満載です。□年・ページ数昭和48年66ページ□状態昭和48年発売の古い本のためヤケ、シミ、ヨゴレなどがありますこと予めご了承の上、ご購入ください。※注意事項出品商品は古本となります。古い本に抵...

コメント

タイトルとURLをコピーしました