世界初の缶コーヒー:UCC缶コーヒー

世界初の缶コーヒー:UCC缶コーヒー UCC

最近いろんな缶コーヒーが発売され、どれにしようか迷うことが多いです。そんな中でもUCC缶コーヒーは、発売から60年以上もの歴史がある缶コーヒー界の重鎮です。

スポンサーリンク

日本が開発した世界初の缶コーヒー
UCC缶コーヒー

記事
UCC缶コーヒー 昭和当時の製品画像
ipadで描きました

 

煎られたコーヒー豆が香ばしそう!
茶色、白、赤がバランスよく彩られたこの缶デザイン。
これがかつてよく飲んだUCC缶コーヒーでした。

  

UCCコーヒーとは

UCCコーヒーは、1958年からUCC上島珈琲より販売されている缶コーヒーで、発売から60年以上もの歴史がある製品です。さらにUCCコーヒーが凄いのは、缶コーヒーを開発し、世界で初めて発売したのもUCCでした。

 

コーヒー文化後進国である日本によって世界初の缶コーヒーが生み出されたというのは嬉しい限り。その栄誉ある功績のせいか、昭和時代においては缶コーヒーと言えばUCC以外という発想はなかなかありませんでした。UCCの缶コーヒーはコーヒー牛乳みたいなテイストでおいしかったですしね。

 

歴史あるUCC缶コーヒーですから、缶コーヒーの種類もいろいろ販売されていました。

UCCアメリカンコーヒー
UCCアメリカンコーヒー

アメリカの国旗が全面的にデザインされた缶コーヒー。
昭和の高度経済成長は、アメリカの憧れが大きかったわけでして、製品全面にアメリカ感を出したり、アメリカ発!などというイメージを日本の製品に出す事は、むしろプラスであったわけでした。

昭和レトロ:缶コーヒーの生みの親 UCCコーヒー
昭和の缶コーヒーといえば、UCC缶コーヒー!なんといっても缶コーヒーの生みの親ですからね。あのちょっと甘めの味がUCCならではですよね。...

 

UCCアイスコーヒー
UCCアイスコーヒー

こちらはコーヒー豆を産出する国のファーマーがコーヒーを飲むシーンを描いた海外テイストです。
ミルクが入っていない缶コーヒーは意外に無かったので、こちらは斬新でした。
缶のデザインを見ている限り、遠い国から来た豆が入ったコーヒーというイメージでなんだかロマンを感じますね。

昭和レトロ:缶コーヒーの生みの親 UCCコーヒー
昭和の缶コーヒーといえば、UCC缶コーヒー!なんといっても缶コーヒーの生みの親ですからね。あのちょっと甘めの味がUCCならではですよね。...

ちなみに現在のUCC缶コーヒーは

今のUCC缶コーヒー
UCC缶コーヒー

れれ?煎られたコーヒー豆が無くなっている!
なんだかとってもシンプルになっております(苦笑)
正直なにか物足りないです。UCCさん・・・

何はともあれ、ブログ記事を書いていたらUCC缶コーヒーが飲みたくなりました。
自動販売機で見つけてみます!

60年以上の歴史を持つ日本の缶コーヒー
UCC缶コーヒーのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
UCC上島 昭和なつかしい製品記事

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました