昭和レトロ:缶コーヒーの生みの親 UCCコーヒー

昭和レトロ:缶コーヒーの生みの親 UCCコーヒー UCC

昭和の缶コーヒーといえば、UCC缶コーヒー!なんといっても缶コーヒーの生みの親ですからね。あのちょっと甘めの味がUCCならではですよね。

スポンサーリンク

缶コーヒーに歴史あり!
UCCアイスコーヒー

UCCアイスコーヒー 缶コーヒー 昭和の製品画像

UCC アイスコーヒー 昭和時代の製品画像
ipadで描きました

かつてUCCの缶コーヒーのデザインに描かれたこの人。コロンビアの人かな?
いずれにせよコーヒー豆を産する国の人なんだろうな。
そんな想像をかきたてるデザインは、なんだか素敵だったと思うのです。

UCCアイスコーヒーとは

UCCと言えば、飲料の会社ということはご存知の方も多いと思いますが、

では、UCCは何の略かご存知ですか?

答えは、“Ueshima Coffee Co.,Ltd.” です!

UCCは、上島治忠さんが創立した上島商店を源流に、上島忠雄さんが個人商店として創業してできた会社でした。つまりその上島さんのコーヒーの会社=“Ueshima Coffee Co.,Ltd.”の頭文字をとって、UCCという呼称となり、今もUCCで幅広く親しまれています。

UCCは缶コーヒーの生みの親であり、1969年に世界初のミルク入り缶コーヒーを発売しました。

 

世界で初めて缶コーヒーを発売したとは!昭和時代、日本においてUCCは世界に向けて大きなインパクトを与えたことでしょうね。

 

缶コーヒーの生みの親であるUCC。
昭和時代においては、缶コーヒーと言えばUCC!ということで、不動のNo.1の地位を築いていました。

しかし、その後、自動販売機の進化や台数が増えると共に、缶コーヒーの市場は成長し続け、今では日本での清涼飲料水においては、缶コーヒーは3割のシェアを超えているようです。

昭和時代は、UCCにとってライバルが少なかったのですが、時代を経て飲料メーカー各社も缶コーヒーに力を入れ始め、

現代では、缶コーヒーというと、

 

 

サントリーBOSS(ボス)

 

 

コカ・コーラ ジョージア 

 

 

アサヒ ワンダ 

 

 

サントリー、コカ・コーラ、アサヒ、キリンとどの飲料メーカーも主力のブランド缶コーヒーを販売しており、自動販売機やCMで製品を見ない日は無いくらい、缶コーヒーの戦いは激しい現代です。

飲料4社の缶コーヒーはCMにも力を入れているため、缶コーヒーの生みの親であるUCC缶コーヒーが昭和ほど目立たなくなってきているが・・・ちょっと悲しくなってきました。

 

自動販売機でお手軽に買える缶コーヒーですが、あらためて缶コーヒーのことを考えてみたら、各メーカーどれも甲乙つけがたい製品ばかりで、どれもしっかりお金をかけて宣伝されていますね。ちょっとUCCを応援したくなってきました(苦笑)

UCCコーヒー 昭和なつかしいCM

1977-1993 上島珈琲CM集

UCCの缶コーヒーのCMは、どれも昭和感満載!
缶コーヒーの生みの親ですから、この時代のUCC缶コーヒーは輝いていましたね。

缶コーヒーに歴史あり!
UCC 缶コーヒーのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
UCC上島 昭和なつかしい製品記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました