黄色い缶が新鮮だった:アクエリアス・レモン

アクエリアス・レモン コカ・コーラ

アクエリアスのレモンが商品として出てきた時は、なんだかとっても新鮮だった気がします。現代では王道製品の別フレーバーが出ても当たり前なんですけどね(苦笑)

スポンサーリンク

昭和当時、スポーツ飲料でレモンは新鮮でした!
アクエリアス・レモン

アクエリアスレモン 昭和の製品画像 

コカ・コーラ アクエリアス レモン
ipadで描きました

 

アクエリアスの缶のデザインって、今見たらどうってことないんですが、当時はこの缶にときめきました。部活の後の楽しみのひと缶。まさに青春の飲み物でした。

アクエリアス レモンとは

アクエリアスは、1883年にコカ・コーラ社から販売されているスポーツ飲料で、発売当時は大塚製薬のポカリスエットの対抗品として登場し、今もなお人気の飲料です。

アクエリアス VS ポカリスエットの図。昭和時代はこの2大製品の競争が激しかったのですが、そんな中、コカ・コーラーが一歩踏み出し、新しい製品として世にだしたのが『アクエリアス・レモン』でした。

当時アクエリアス・レモンの黄色い缶が新製品として登場した際には、新鮮でまた味もレモン味という新しさで大いに話題となりました。

スポーツ飲料というと、ポカリとアクエリアスで缶のイメージも青い印象でしたが、黄色い缶のアクエリアス・レモンはインパクトありました。

アクエリアスの黄色い缶を見ると、当時感じた新しさ!という感覚がよみがえってきます。
コカ・コーラ アクエリアス・レモンのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
コカ・コーラ なつかしい飲料

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました