記事内のイラスト、文章無断利用の禁止(youtube無断転載、youtube構成流用、SNS画像利用等)

懐かしい70、80年代:小さなドロップキャンディ

カバヤ ミニドロップ イラスト画像 昭和キャンディ・飴

ポケットに入る小さなドロップキャンディ
昔はこういうキャンディが身近にあり、パッケージデザインも秀逸なものが多かったです。

スポンサーリンク

小さなドロップキャンディが身近だった時代

昭和 カバヤ ミニドロップ イラスト画像

 

昭和ガール
昭和ガール

70年代、80年代は小さなドロップキャンディをよく食べてたな~

小さなドロップは今でもあるにはあるけれども、メジャーでは無いかもね。

昭和ガール
昭和ガール

そうですね。
最近は小さな子供向けのみで、あまり見かけないですね。

 

懐かしい小さなドロップキャンディ
カバヤ ミニ・ドロップ

冒頭のイラストは、80年代にカバヤから販売されて人気であったミニ・ドロップという製品です。

小さなプラスチックケースの中には、いちご、パイナップル、オレンジなどなどのフルーツ味の小さなドロップが入っていました。

ミニ・ドロップの当時価格は100円で、遠足のおやつに持ってきていた子たちも多かった人気の製品だったのが懐かしいです。

昭和 カバヤ ミニドロップの説明イラスト

 

 

昭和ガール
昭和ガール

一粒ずつ食べてもいいし、何種類かのキャンディをお口に一杯いれて、ミックスフルーツ味としても楽しんでいました。

 

まさに一粒で二度おいしい♪

他にも販売されていた懐かしい小さなドロップ製品もイラストでご紹介しましょう。

 

 

昭和 不二家フルーツドロップ

こちらは70年代にあった不二家フルーツドロップです。

 

昭和 不二家 フルーツドロップ イラスト
不二家フルーツドロップは、箱のデザインが素敵で、今思い出しても良いデザインだったな~と感じます。

箱の中には、フルーツ味の小さな涙型のドロップがたっぷり入っており、見た目にも味わっても楽しい製品でした。

 

不二家フルーツドロップは、わくわくしちゃうような良いデザインね~♪

 

懐かしいキャンディー:不二家 フルーツドロップ
幼い頃、不二家のフルーツドロップ大好きでした。 ちなみにドロップとキャンディの違いは分かりますか? 記事の中に答えがありますよ♪ ...

 

昭和 カバヤ キャンベビー

1967年~1980年代にお菓子コーナーの定番キャンディ
カバヤのキャンベビーです。

プラスチックケースの中には、お砂糖にまぶされた小さなキャンディがたっぷり。
こちらも当時の子供たちにとっては遠足の定番でした。

 

昭和 カバヤ キャンベビー イラスト画像

 

昭和のポップキャンディ:カバヤ食品 キャンベビー
筒形の容器に入ったカバヤ食品のキャンディ キャンベビー お砂糖がまぶされた小さな飴をお口にポイっ! 昭和時代のデザインがポップで秀逸...

 

今思うと、当たり前のようにあった小さなキャンディブームは何だったんだろうか?と感じますが、小さなキャンディは身近な存在でありましたね。

 

懐かしい小さなキャンディ・ドロップのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
懐かしいキャンディ・飴

 




https://torocco55.thebase.in/items/32646350

 

昔の本から3分でイラストを描いちゃおう~youtube動画作りました!

タイトルとURLをコピーしました