昭和の懐かしいアイス:ロッテ イタリアーノ

ロッテ イタリアーノ ロッテ

昭和のカップアイスと言えば?森永のバニラエイトと、ロッテのイタリアーノが思い浮かびます。スーパーでよく買っていたんですよね~

スポンサーリンク

昭和のラクトアイスの人気の火付け役!
ロッテ イタリアーノ

 

ロッテ イタリアーノ 昭和の製品画像

イタリアーノ ロッテ 昭和当時の製品画像
ipadで描きました

 

昭和時代のイタリアーノのデザインを見ると、色合いのセンスが抜群ですね。
カップの中に主役のバニラアイスクリームがひきたてられています。

ロッテ アイス イタリアーノとは

ロッテ イタリアーノは、昭和47年にロッテから販売されていたカップアイスで、バニラ、ストロベリー、チョコレートと3のフレーバーを持つ当時はロッテの主力製品でした。

イタリアーノという外国を思い出すような製品名と爽やかな印象をあたえるCMがよく放映されており、イタリアーノはスーパーマーケットのアイスコーナーには必ず陳列されているほど人気のアイスクリームだったのです。

ロッテ イタリアーノの価格には、50円と100円と2種類ありました。

味のラインナップはバニラ、ストロベリー、チョコレートと50円も100円も同じなのですが、100円のバニラアイスの方が明らかにバニラの味が濃厚で、ちょっとリッチな気分を味わいたい時は、100円のバニラアイスを買ってもらうという、今でいうプレミアムアイスの差別マーケティングをやっていたのですよね。

ロッテ イタリアーノ ディッシュアップタイプ

ロッテ イタリアーノ ディッシュアップタイプ

 

70年代80年代に人気がどんどん広がっていったイタリアーノは、そのブランド力も強く、カップアイス以外にもファミリーでも楽しめる箱入りアイスも販売されていました。
当時、イタリアーノというブランドは、ほんと強かったのですよね。

そんなイタリアーノですが終売を経て、平成に熱い要望のもと復刻販売したのですが、

 

平成に復刻されたイタリアーノ

平成に復刻販売されたロッテ イタリアーノ

発売後、すぐ消えてしまいました・・・
何か昭和時代のパッケージとイメージちがいますよね。
このパッケージを見ても、あのイタリアーノを思い出せなかったのかもしれません。

 

ロッテ イタリアーノ パッケージ比較

ロッテ イタリアーノ パッケージ比較

 

平成のイタリアーノは、昭和のイタリアーノのきちんとデザインを引き継いでいるのですが、平成版は白い余白が多く、青色の発色が良すぎて、何よりもプラスチックカップというのが、あの昭和のイタリアーノを思い出せなかったのかもしれませんね。

残念過ぎます・・・

かつての商品の復刻というのは、その時代の人に再開発してもらった方が良いのでしょうね。
きっと。

本当の意味での昭和時代のイタリアーノ アイスの復刻版にますます出会いたくなりました(遠い目)

 

あの爽やかな昭和アイスはいつまでも忘れません
ロッテ イタリアーノのご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
ロッテ 昭和なつかしい製品記事

 

 

タイトルとURLをコピーしました