昭和の渋すぎるお菓子:ロッテ 元禄の茶壷

昭和の渋すぎるお菓子:ロッテ 元禄の茶壷 ロッテ
ロッテ 元禄の茶壷 昭和当時の製品画像

昭和に販売されていた元禄の茶壷と言うお菓子。パッケージとネーミングが渋すぎです。このお菓子は出会ってみたいかった~

スポンサーリンク

知っている人がいたらレア!
ロッテ 元禄の茶壷

あ

ロッテ 元禄の茶壷 昭和当時の製品画像
ipadで描きました

このお菓子は誰がターゲットだったんだろう?
製品名、デザイン、コンセプトは、子供受けしないことは確かで(苦笑)
スーパーマーケットで買えるお菓子として、ここまで凝った絵と渋さを醸し出しているのはスゴイと思います。

元禄の茶壷とは

元禄の茶壷は、1970年代の終わり~1980年代始めにロッテから販売されていたチョコレート菓子でした。

では、元禄の茶壷は、どんなお菓子だったかというと、チョコレートの中には、ピーナッツがぎっしり入っており、クラッシュ・コーンフレイクで包まれていたそうです。

チョコレート菓子としては、おいしいであろうとこと間違いなしですね。

しかし、わたしもこの製品は全く記憶に無く、発売当時見ていたとしても、元禄の茶壷という漢字が読めなかった可能性あり(苦笑)

しかもパッケージの渋さは、どう考えても子供の心には響かないことでしょうね。

でも、今販売されていたとしたら、きっと一度は買います。

しかし、なぜチョコレート製品名に元禄の茶壷などという名前をつけたのでしょうか?
謎ですが、昭和の当時のロッテ社員には面白い方々がいたことでしょうね。

 

元禄の茶壷は、記憶にはありませんが、この渋さは逆に現代だとヒットするかもしれませんね。出会ってみたかった。

 

昭和のロッテの渋すぎるチョコレート製品
ロッテ 元禄の茶壷のご紹介でした。

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
ロッテ 昭和なつかしい製品記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました