昭和 懐かしい駄菓子:オリオン 梅ミンツ

オリオン 梅ミンツ 昭和ラムネ菓子

梅ミンツって、いつまでも食べていられます。
くせになる味なんですよね。と、梅ミンツのこと考えていたら、梅ミンツ食べたくなっちゃった(笑)

 

スポンサーリンク

昭和の懐かしい駄菓子
オリオン 梅ミンツ

オリオン 梅ミンツ 昭和の製品画像イラスト

オリオン 梅ミンツ

オリオン 梅ミンツとは

梅ミンツは、オリオンから1973年に販売されている梅仁丹の駄菓子で、現在も販売される超ロングセラー製品、昔も今も大人から子供まで幅広く愛されています。

梅ミンツはライターをモチーフにしたお菓子として開発されたもので、同じくオリオンから販売されている「ココアシガレット」がタバコを模したお菓子であったりします。

ライターにタバコと、現代だと問題になりそうですが(苦笑)
大人にあこがれる子供向けお菓子で、戦後の高度経済成長期を支えた大人たちの嗜好品、大人のツールをアイテムとして実現させたオリオンはなかなか遊び心のある製菓会社です。

 

梅ミンツは、おいしくて、もくもくと食べてしまいます。気づいたらケースの中がほぼ無くなっており、小さいながらも満足感が得られる不思議製品。

 

安くて楽しいお菓子を長きに渡って提供しつづけてくれるオリオン製菓から、
まだまだ長く愛され続ける駄菓子製品
オリオン 梅ミンツのご紹介でした。

 

オリオン製菓公式ページ

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
昭和のなつかしい駄菓子

 

タイトルとURLをコピーしました