昭和・平成のヒット製品:写ルンです

富士フィルム 写ルンです 昭和家庭用品・雑貨

デジカメ登場前は、写ルンですは何かと日常で使うことも多く、よくカバンの中に入っていました。旅行先では必携!
フィルム時代の懐かしい製品です。

スポンサーリンク

昭和・平成のヒット製品
富士フィルム 写ルンです

写ルンです 懐かしい画像

富士フィルム 写ルンです 製品画像
ipadで描きました

 

緑色と言えば富士フィルム
写ルンですが主流の時代は、街のあちこちで55分スピードフィルム現像!という写真屋さんが数多くありましたよね。
懐かしい~

写ルンです とは

写ルンですは、1986年(昭和61年)より富士フイルムより販売開始した使い捨てカメラで、製品の歴史に残る昭和・平成のヒット商品と言えるでしょう。

 

昭和ガール
昭和ガール

まだカメラがフィルム時代、お手軽に使える写ルンですは、旅行などには大活躍でしたね。

デジカメ時代に突入し写ルンですは、現代では見かけることの無くなり、終売しているかと思いきや、富士フィルムの公式ページでは、まだ販売されていることがわかりました。

 

おぉ~!まだ買えるんだ。
最近フィルムを買うという発想も無くなったしね。
そんな中、まだ写ルンですは頑張っているのね(泣)

 

 

写ルンです 名前の由来

写ルンですは製品自体もインパクトありましたが、ネーミングもなかなか秀逸!
なぜ写ルンですという製品名になったのでしょうか。

 

名前の由来・・・

昭和はこのへんは、意外と単純なことが多かったりするわよ~(笑)

 

 

写ルンですという製品名になるにはいろいろと検討もされたようなんですが、

カメラが「写るんです」「ルンルン気分」

とを合わせて生まれた名前だそうです。

ほらほら~(笑)
ねっ、意外と単純

つまり「写るんです」では無く、
「写ルンです」です。

 

昭和ガール
昭和ガール

 

 

写ルンですに好感を持ってもらったところで、このへんでお開きです。

まだまだ残り続けてもらいたい
富士フィルム 写ルンですのご紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました