進化するゼリー:ハウス食品 ゼリエース

ハウス ゼリエース昭和時代の製品画像 ハウス食品

誰でも簡単に出来るハウスのゼリエース。
昭和、平成、令和とロングセラーでありながら、進化し続けているゼリー製品です。

スポンサーリンク

こどもでも作れる
ハウス食品 ゼリエース

ハウス ゼリエース 昭和時代のイラスト製品画像

ハウス食品 ゼリエース 昭和の製品画像
ipadで描きました

 

いかにも!なゼリーの形をしたゼリエース。
昔は型にゼリーを流し込んで、完成したものを見るのが楽しかった時代がありました。
ゼリーづくりたのしかったな~♪

 

ゼリエースとは

ゼリエースは、1967年(昭和42年)よりハウス食品から販売されているパウダーデザートです。

ゼリエースの味の種類は、イチゴ味、メロン味、オレンジ味、ブルーベリー味、グレープフルーツ味などが発売されていましたが、現在ではイチゴ味、メロン味がメインとなっています。

 

昭和ガール
昭和ガール

ブルーベリー味が販売されていたのですね!
これは知りませんでしたが、ゼリーの色が紫だったのでしょうかね?

 

紫のゼリーは綺麗だっただろうな~
グレープフルーツ味もサッパリおいしそう。

 

 

ゼリエース子供でも作れるとっても簡単なゼリー。
その作り方は、80℃のお湯にゼリエースの粉を入れて溶かし、好きな形の型に流し込み、あとは冷蔵庫に入れて固まるのを待つだけ!

 

 

とっても簡単!!

 

昭和は専業主婦も多く、家で手作りデザートを作る機会が現代よりは多い時代でした。

家庭にゼリーやプリン用の型があり、自宅でゼリエースのようなパウダーデザートを作ったり、料理本を見ながら本格的な手作りデザートを作ることも多く、冷蔵庫を開けるとお母さんが作ってくれている様々なデザートが入っていたのではないでしょうか。

ハウスゼリエース 昭和時代のゼリーの型

 

昭和ガール
昭和ガール

この型は昭和の家庭にはよくありましたね。
最近では少なくなったかな・・・?

 

現在のハウス ゼリエース

長らくゼリエースと言えばゼリーの型に流し込むというのが定番でしたが、令和になると時代に応じて変化がおきました。

ゼリエースのパッケージの違いをご覧ください。

 

ゼリエース 昭和と令和のパッケージの違い

ハウス ゼリエース昭和と令和の違い

パッケージのメイン写真が大きく変わりました。

昭和はゼリーの型でゼリエースを固めた後、お皿に飾るという形ですが、令和になると直接グラスで固め、クラッシュしたゼリエースで盛り付けるというおしゃれデザインになっております。

出来上がるゼリーの個数も昭和は5~6個であったと記憶しているのですが、令和タイプは4個。
家族も少なくなり、数も少量で済むようになったのでしょうね。

 

昭和ガール
昭和ガール

つい最近までゼリエースと言えば、ゼリーの型で形作られたゼリーが代表パッケージであったため、ちょっとさみしい感じもしますが、令和のゼリエースおしゃれです!

 

 

時代と共に変わるロングセラー製品
ハウス ゼリエースのご紹介でした。

 

他にも懐かしい昭和のゼリー製品の記事をご紹介しています。
昭和のなつかしいゼリー

 

 

 

商品が見つかりませんでした powered by BASE
昭和レトロな編み物の本や、レトロで可愛いものをセレクトしてご紹介しております。少しずつ追加してまいりますので、よろしかったら時々チェックしていただけましたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました