昭和32年からご飯のお供:ブンセン アラ!

昭和の佃煮 ブンセン アラ! 昭和加工食品・インスタント

ブンセン アラ!は昭和32年から販売されている瓶詰めの海苔つくだ煮。なんと言ってもネーミングがナイスですよね。

スポンサーリンク

長らく日本のご飯のお供!
アラ!

 

ブンセン のり佃煮 アラ!

ブンセン アラ! 製品イラスト画像
ipadで描きました

 

アラ!という文字のロゴいいですよね。
ベースカラーは明るい紺色。
このシンプルさが味わいがあって、とても良いです。

アラ! とは

アラ!は、1961年にブンセン株式会社より販売されているご飯のお供!
超ロングセラーののり佃煮で、瓶詰の海苔佃煮の元祖でもあります。

ブンセン アラ 昭和時代のラインナップ

昭和時代のアラ!には、こんなにたくさんのラインナップがありました。
のり佃煮だけで7種類もあるとは、驚きです。

 

昭和ガール
昭和ガール

まだまだ家庭でお米を食べることが多かった時代でしたから、熱々の白米を海苔佃煮と共に、はふはふご飯を食べることが多かったですよね。

 

ちょうど7種類だから、1週間分ね。

その日の気分によって毎日違った『アラ!』を楽しみながら食べていたのかしらね。

 

熱々の白いお米食べたくなっちゃったわ・・・

 

 

アラ! のキャップ絵は、今でも募集中!

アラ!と言えばキャップ絵を子供たちから募集し、採用されるとアラ!の製品キャップに印刷されて実際に店頭販売されるというのも特徴ですが、それは今でも健在で、もちろん子供の絵は募集中です。

アラ!キャップ絵イラスト募集中(ブンセン公式ページ)

 

アラ! はまだまだ健在

現在は、アラ!のラインナップ数は少なくなっていますが、オーソドックスな定番アラ!は、もちろんのこと、

 

しそ佃煮のアラ!、しいたけ味のアラ!も買うことが出来ます。

 

ここ最近ではアラ!のCMを見ることは無くなってしまったため、意識することが少なくなってしまいましたが、スーパーの瓶詰コーナーに行くと、アラ!はきっと見つかるハズです。
ぜひ、お近くのスーパーで見つけてみてくださいね。

昭和からのロングセラー海苔佃煮
ブンセン アラ!のご紹介でした。

 

 

他にも昭和の懐かしい製品をご紹介しています。
昭和加工食品 なつかしい製品記事

 

タイトルとURLをコピーしました