4世代以上愛される続ける:マルカワ フーセンガム

マルカワ フーセンガム 昭和駄菓子

小さな箱にはガムが4つ入っていて10円!そんなマルカワ フーセンガムは幼い頃、よく買っていた人も多いのでは無いでしょうか。お友達と分けっこして食べていたのもいい思い出です。

スポンサーリンク

昭和から変わらないパッケージ
マルカワ フーセンガム

マルカワ フーセンガム 昭和から変わらないパッケージ

マルカワ フーセンガム 昭和当時の製品画像
ipadで描きました
(メルカリ等の無断利用禁止)

 

小さな箱にフルーツの絵が描かれたマルカワ フーセンガム
誰もがこの箱を見て子供時代を思い出す人も多いのではないでしょうか。
駄菓子屋さんには必ず置いてありましたものね。

マルカワ フーセンガムと

マルカワ フーセンガムは、昭和34年から丸川製菓より販売されている駄菓子屋さんでおなじみの箱入りガムです。発売当時は、マーブルガムと言う名前だったそうです。小さな箱の中には丸いガムが4つ入っており、価格も10円だったので駄菓子屋さんに行くと、マルカワ フーセンガムは候補の1つに入っていたという子供時代を過ごした人も多いのではないでしょうか?

マルカワ フーセンガムは長年価格据え置き10円で、子供たちのお小遣いでも買える価格設定をしてくれていたその企業努力が涙ものです。マルカワと言えば、マルカワ フィリックスガムを思い浮かべる方も多いことでしょう。

マルカワ フィリックスガム 
マルカワ フィリックスガム昭和当時の製品画像
こちらも価格は10円で、しかも!あたり付のガムです。
もちろん今でも買える、マルカワのロングセラー製品です。
https://retrox.biz/archives/13782028.html

海外でも人気のマルカワ フーセンガム


マルカワ フーセンガムというと、日本の駄菓子ガム界のドンというイメージですが、海外でも販売しており、現在ではアジアを中心に10カ国以上に輸出し、丸川製菓の全売上高の2割強を占めるそうです。

 

マルカワ フーセンガムは幼い頃の思い出に残っている人も多いことでしょうね。今日はオレンジ、今日はイチゴ、今日はグレープと、その日の気分によって変えていたのも記憶に残っています。

 

駄菓子と言えばこのガム!
マルカワ フーセンガムのご紹介でした。

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
昭和のなつかしい駄菓子

 

タイトルとURLをコピーしました