昭和から今でも愛されるノンフライスナック:コメッコ

コメッコ グリコ
お米のスナックだけれども、お煎餅ではありませんと、グリコのこだわりが詰まったのが、コメッコなんです。
ノンフライでさくさくいっちゃう今でも買える昭和を代表するスナック菓子の1つです。
スポンサーリンク

女子に嬉しいノンフライスナック
グリコ コメッコ

グリコ コメッコ 昭和の製品画像

グリコ コメッコ 昭和時代の製品画像
ipadで描きました

コメッコの昭和デザインは、元気あふれるポップな感じ。
立体的に見せるロゴマークもいいんですよね。
グリコって元気な赤を使うことが多いから、パッケージを見ているだけで楽しくなります。

コメッコとは

コメッコは、1973年にグリコから販売されているお米のスナック、ライススナックで昭和当時の価格は100円でした。

グリコは2010年にコメッコを一度販売休止にしたのですが、復活を望む声が多く味も改良され2012年に再販しました。

スナック菓子というと油で揚げた製品が多いのですが、コメッコはノンフライ! カロリーが気になる女性にとってはスナック菓子がノンフライなのは嬉しい限りですよね。

コメッコと言えばホタテ味ですが、正確にいうとホタテ風味のしょうゆ味なので、お醤油の味の方が強い印象はありますよね。

昭和のコメッコは2種類

お米のスナックというとお煎餅が思い浮かびますが、コメッコはあまりお煎餅っぽくなく、どんなジャンルにも属さないまさにオリジナルスナックと言ってもよいのでは無いでしょうか。

なぜか30代~40代に人気あるようですが、味に飽きが来ないのでもっともっと幅広い世代に食べてもらえたらなとコメッコファンとしては思うところです。

堀ちえみさんがコメッコのキャラクターに スチュワーデス物語

昭和時代、コメッコのCMに出演していたのは堀ちえみさん。
なつかしいスチュワーデス物語とのタイアップです。
若くて、初々しくてめっちゃ可愛い。

コメッコと言えば箱に入っているのも特徴の1つでした。これが袋だったら・・・エンドレスですよね(苦笑)
やめられない、止まらない~って、違うスナック菓子だ(笑)
濃いめの味なので、箱入りくらいの量が頃合いよいのかもしれませんね。

グリコ コメッコ 昭和なつかしいCM

グリコ コメッコ CM 1984年 堀ちえみ

コメッコのCMには、昭和時代の第一線アイドル達が出演していました。
グリコ主力製品のCMは結構アイドルを使うことが多かったのですが、コメッコももれなく。

ライススナックをポップなイメージにしたグリコのこだわり!
グリコ コメッコのご紹介でした。

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
昭和グリコの製品記事
タイトルとURLをコピーしました