昭和20年からデザインが変わらない缶入りリンゴジャム発見~!

缶入りリンゴジャム 昭和レトロ

昭和20年からデザインが変わらない缶入りリンゴジャム。こちらは今でも現役!で青森りんごのこだわりがタップリ詰まった製品です。

スポンサーリンク

昭和20年代から変わらないデザイン
青森リンゴ加工株式会社 りんごジャム

青森リンゴ加工株式会社 りんごジャム

青森リンゴ加工株式会社 りんごジャム
変わらぬデザイン ipadで描きました

 

ネットを見ていたら、りんごの絵が描かれた何やらレトロで素敵な缶を見つけました。

この缶を見た時、昭和時代の製品かと思ったのですが、どうやら現役で販売されている商品であることがわかり、ぜひ!ご紹介したいと思います。

 

青森リンゴ加工株式会社 りんごジャムとは

青森リンゴ加工株式会社とは、昭和16年創業 青森県内搾汁メーカーの老舗の会社です。
会社の略称は、A.R.K.。
青森の「A」、リンゴの「R」、加工の「K」と、それぞれの頭文字から出来ています。この略称から、青森県愛とリンゴ愛が感じられますね。
A.R.K.から戦後より発売されている商品が、缶に入った「りんごジャム」。
缶に入ったジャムというのが大変珍しいですが、その缶に描かれたデザインも当時のままというのがすごいです。中身のジャムは、リンゴの本場ならではの濃厚な味わいだそうで、今でも購入ができ、価格は600円
他にもイチゴジャム、りんごスライスジャムという製品もあり、いずれもレトロなデザイン缶に入ったジャム製品で販売されています。

 

 

昭和20年代から製品のデザインを変えていないというのがすごいです。これぞ製品愛というものかもしれませんね。

アクエリアスの黄色い缶を見ると、当時感じた新しさ!という感覚がよみがえってきます。
青森リンゴ加工株式会社 りんごジャムのご紹介でした。

青森リンゴ加工株式会社 公式ページ

 

 

他にも懐かしい製品をご紹介しています。
昭和なつかしいインスタント食品の記事

 

タイトルとURLをコピーしました