赤川次郎ブームの時代:とにかく読み漁りました~

赤川次郎小説 イラスト 昭和の本・漫画

80~90年代は、飛ぶ鳥を落とす勢い赤川次郎がブームの時代
あの時は赤川作品をたくさん読んだな~。

スポンサーリンク

夢中になった赤川次郎シリーズ

赤川次郎小説 イラスト

幼い頃から本が好きでよく読んでおり、本のトレンドは今までいろいろ見てきたのですが、そんな中、印象に残っているのが赤川次郎ブームでした。

時は1970年代終わりから80年代、90年代と、赤川次郎は飛ぶ鳥を落とす勢いで、本屋に行けば右も左も赤川次郎、作品も映画化され、学校の昼休みも赤川次郎の読んだ本で盛り上がることもしばしば。

 

 

昭和ガール
昭和ガール

映画だと、セーラー服と機関銃探偵物語から、女優薬師丸ひろこさんが大人気になりました。

 

赤川次郎というと代表的なシリーズものがいくつかあるのですが、わたしのお気に入りだったのは、

●三毛猫ホームズシリーズ
●三姉妹探偵団シリーズ
●吸血鬼シリーズ

でした。

赤川次郎 小説イラスト説明図
もちろんシリーズ以外の小説も数多くあり、赤川次郎の本をどんどん制覇するぞぉ~!
と意気込んでいたのですが、赤川次郎さんは、小説を書くのがとにかく早かった・・・。

わたしが読むスピードより(おそらく大半の人たちも)、新刊が出るスピードの方が圧倒的にはやく、全く追いつきませんでした(苦笑)

 

昭和ガール
昭和ガール

赤川次郎さんは、執筆がはやいことでも有名な小説家ですものね。

 

そんな赤川次郎さんですが、ブーム後も、もちろん執筆活動は続け2015年には580冊を突破、累計発行部数は同じく2015年時点で3億3000万部に達したそうです。
(by wikipedia)

 

3億3000万部とか、もうスゴイ・・・(汗)

長らく読んでいなかった赤川次郎作品ですが、久々に手にとってみよ~

 

他にも懐かしい本をご紹介しています。
懐かしい本・漫画

 




https://torocco55.thebase.in/items/32646350

 

昔の本から3分でイラストを描いちゃおう~youtube動画作りました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました