昭和から子供たちの学習のお供:ジャポニカ学習帳

昭和 文房具

ジャポニカ学習帳は、昭和時代にはクラスでほとんどの子が持っていたノート。表紙の昆虫や植物をみただけで、何の科目のノートか一目瞭然でした。

スポンサーリンク

昭和小学生の定番ノート
ジャポニカ学習帳

ジャポニカ学習帖 昭和の画像イラスト

ジャポニカ学習帳 昭和の製品画像
ipadで描きました

 

ジャポニカ学習帳と言えば、こくご、さんすう、りか、しゃかい、連絡帳まで。
私のランドセルには、様々なジャポニカ学習帳が入っていました。
ノートと言えば、ジャポニカ学習帳。昭和はそんな時代でしたね。

ジャポニカ学習帳 とは

ジャポニカ学習帳は、1970年(昭和45年)よりショウワノートから販売されている小学生の学習ノートで当時価格は50円でした。

ショウワノートは、知名度も無く、ノートも全く売れず、どうしたものか?と注目したのが百科事典でした。

当時、百科事典は一般的な家庭では購入が厳しい非常に高価なものでした。

そんな百科事典を子供たちのためにと、ショウワノートは小学館の「百科辞典ジャポニカ」と提携し、ノートの表紙に様々な昆虫や植物を起用したジャポニカ学習帳が誕生したのでした。

 

昭和ガール
昭和ガール

ジャポニカ学習帳は、小学生のときは毎日見ていましたからね。
昭和時代にジャポニカ学習帳を利用していた人たちは、これ本当に懐かしいのではないでしょうか。

 

表紙の昆虫や植物に落書きした思い出がある人もいるのじゃないかしら(笑)

 

今でも愛され続けるジャポニカ学習帳

ジャポニカ学習帳は、百科事典のコンセプトは引き続きで、今も小学生たちには使われております。
現在の価格は110円とお手頃価格!

ジャポニカ学習帳 こくご

 

 

ジャポニカ学習帳 さんすう

 

昭和ガール
昭和ガール

ほんと!コンセプトが変わらない。
植物が表紙で雰囲気も昭和とほぼ同じ。

こういうのは嬉しいです。

 

現代の子たちも、このジャポニカ学習帳と共に学んでいるね。
うんうん。

昭和から引き継がれる子供たちの学習ノート
ジャポニカ学習帳のご紹介でした。

 

他にも昭和の懐かしい文房具の製品をご紹介しています。
懐かしい文房具

コメント

  1. Zoy より:

    ご無沙汰しています。
    ジャポニカ学習帳!懐かしいですね。
    この学習帳、私たちの時は、昆虫や哺乳類、鳥類等がほとんどでしたが、
    昆虫が気持ち悪いと言う保護者からのクレームで無くなったようですね。
    なんと言えば良いのやら・・・・。
    過保護すぎますよね(汗)

    • trocco より:

      Zoyさん

      お久しぶりです。コメントありがとうございます。
      ジャポニカ学習帳の昆虫は、クレームがあったとは知りませんでした。
      昆虫が気持ち悪かったのは子供というより大人だったのでしょうか(苦笑)
      身近に昆虫が少なくなった分、せめてジャポニカ学習帳を通じて昆虫を意識してもらえたら嬉しいですよね。

タイトルとURLをコピーしました